脚光を浴びるデザイナー、敏腕プレス、カリスマ店員や世界中を飛び回るバイヤー。どれもみんなが憧れるお仕事だけど、実はみんなが知っているのはファッションのお仕事のほんの一部にすぎない。みんなの着ている洋服は、たくさんの人が関わって出来上がっているんだ。ここでは、そんなファッションのお仕事を一挙紹介。

デザイナー

商品の企画から仕様書の作成、展示会の準備、サンプル修正や納品前の商品チェックが主な仕事。お客さんが店頭で手に取ったときに気持ちが高揚し、幸せを感じる商品を目指して、日々新しいものを生み出していく。

MD

商品ラインアップやスケジュールの企画、具体的な販売戦略の構築が主な業務内容。市場動向から店舗の日々の売り上げまで、数字をもとにした分析と、店舗での経験から培った感覚を生かして取り組む。アパレル企業の花形職種。

販売

仕入れた、あるいは企画製造した商品を店頭で提案する仕事。会話が好きなだけではダメ。お客が求める接客を総合的に判断して対応する。製造した商品と消費者を結ぶ非常に大切な業務。

営業

自社の商品やブランドを百貨店や専門店に売り込むことが基本的な仕事。そのため取引先が何を求めているかを見極め、商品企画やブランド戦略に見合った提案内容の組み立てが必要になる。

生産管理

海外工場への発注から納入までの業務を行う。サンプル確認や納入前の伝票確認、商品ラベル(印字)の確認などの細やかな作業をし、商品違いなどの問題が起きた際は、直接海外工場とやりとりし、問題を解決していく。

VMD(ビジュアルマーチャンダイザー)

「何が売れるか」を店頭で視覚化する仕事。入荷商品を店内の雰囲気や季節、トレンド感を意識させて見やすく入りやすい店内レイアウトを作る。ショーウィンドーと店内での商品プレゼンテーションを通じて、お客にブランドの魅力を伝えていく。

バイヤー

決めたシーズン全体のディレクションをベースに商品のセレクト(買付)をし、月毎・週毎の展開計画を立てる。展開後の結果を受けて検証・修正をおこなう。ときには商品開発からプロモーション企画まで手がける。

パタンナー

デザイン画をパターンにする仕事。細かい部分まで打ち合わせをしてトワル(※)を組む。修正を反映しながら、仕様書を作成してサンプルを作成し、最終パターンに仕上げる。※布で立体的に型をとること

EC担当

ウェブサイトのコンテンツ企画、デザイン、管理などを担当。ブランドや商品の認知度を高め、販促につなげることが目的。店舗に行くことができないお客に、ブランドの魅力をいかに伝えて商品を買ってもらうかが鍵だ。

プレス

ブランドや業態の広報・宣伝活動をする。シーズンビジュアルや雑誌タイアップの打ち合わせから撮影まで、サンプルリース、SNSの配信、取材対応などさまざま。コミュニケーション能力の高さは必須。

店舗開発

新店舗の立ち上げに関する綜合的な業務をおこなう。本文の出店計画に沿って出店候補地のリサーチや分析をし、その結果をもとにテナントの出店形態やブランドの選定をする。また、想定される来客数や売上もシュミレートし、出店の最終決定をする。

人事

ファッションの業種に限らず、人事は社内の「人」に関連する業務を全ておこなう。新卒や中途の採用計画を縦、それに基づいて採用活動をする。また、ある程度の人数を採用する場合は、対象となる学生に向けての企業アピールをすることなども重要な仕事だ。