【用語解説】外部の視点で経営をチェック 社外取締役を知ろう!

  • 2021年05月14日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 379950508

社員の昇格などによらず社外から招いた取締役を指します。社内の利害関係やしがらみを持たず、会社の中で管掌部門を持つこともないため、外部の視点から客観的に企業経営をチェックできます。

近年、粉飾決算など企業の不祥事が相次ぎ、株主からコーポレートガバナンス(企業統治)の強化を求める声が強まり、会社が法令を守り、不正行為や暴走をしないよう監視する役割が期待されています。

15年に発表されたコーポレート・ガバナンス・コードにより、上場企業は社外取締役を2人以上起用することが事実上義務化されています。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング