【ファッション用語解説】〝鬼滅柄〟として人気急上昇!「市松模様」を知ろう

  • 2021年02月01日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 1831140982

2色の正方形が交互に並ぶ格子柄。英語のチェッカーボードチェックやフラッグチェック、仏語のダミエと同じ柄。江戸時代中期、人気歌舞伎役者の初代佐野川市松が白と紺の市松模様を衣装に取り入れたことを機に流行しました。柄が途切れず続くことから、繁栄を意味する縁起の良い模様とされています。

最近は、緑と黒の市松模様が「鬼滅の刃」主人公の炭治郎が着る羽織り物に使われ、〝鬼滅柄〟として人気が急上昇。一方、その柄で作品を想起させる偽グッズが大量に出回り、原作の出版元である集英社が商標出願したことが話題になりました。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング