【用語解説】「鍛造」と「鋳造」を知ろう!

  • 2021年04月02日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 1339289900

いずれも金属の加工法です。

鍛造(たんぞう)は、金属の材料に熱を加えて、ハンマーやプレス機で圧力をかけて目的の形状にする成型技術で、圧力をかける際に金属内部の結晶が微細化して結晶方向が揃うため、強度が高まります。

一方、鋳造(ちゅうぞう)とは金属を高温で溶かして液体にし、型に流し込む加工法のことをいいます。溶かした金属は冷やすことで固まり、複雑な形状でも容易に加工できるので大量生産に向くが、鍛造ほど強度がありません。強度を増すために素材に厚みを持たせる場合は、当然ながら重くなりやすくなります。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング