【ファッション用語解説】キャノチェって? 麦わら帽の代表、カンカン帽

  • 2020年08月05日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 miahatandaccessory

フランス語のcanotier(カノティエ)、英語ではboater(ボーター)といいます。日本では、カンカン帽の呼び名で知られる帽子のこと。

主に麦わらを組んで作った帽子で、平らな円筒形のクラウンに水平のブリムがつきます。帽体にはリボンを装飾することが多いです。

糊(のり)を使って非常に硬く仕上げられているため、たたくとカンカンと音がすることから、この名が付きました。

意味は「ボートを漕ぐ人」で、19世紀初頭の英国海軍が水兵に支給したことが由来とされています。同義語はストローハット(麦わら帽)。

(写真は、「ミア・ハットアンドアクセサリー」の20年春夏物より)

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング