【ファッション用語解説】背中を強調するデザイン「ベアバック」

  • 2021年01月12日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 givenchy 049

21年春夏のデザイナーコレクションは、若々しくてヘルシー、開放的なイメージが多くみられます。

目立ったのがベアバックのドレスやトップ。「bare」(ベア)は「裸の」の意味で、後ろ身頃を大きく開けてエプロンのような形にしたり、背中をくりぬいてストラップを交差させたり、カットワークなどで肌をのぞかせるものが増えています。

コロナ禍を経た春夏に求める自然体の服、生命力を感じさせるデザインの象徴とも言えそうです。バックシャンと言うこともありますがこれは和製の造語で、ベアに限らず背中に目立つポイントのあるデザインを指すこともあります。

(写真はジバンシィ)

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング