【用語解説】3R リデュース、リユース、リサイクルの三つのR

  • 2020年02月03日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 402940528

Reduce(減らす)、Reuse(繰り返し使う)、Recycle(再資源化する)の三つのRを指しています。

容器包装リサイクルなど循環型経済システム構築に向けた3R政策が幅広く進められています。

リデュース・リユース・リサイクル推進協議会は、事業者の視点での3Rとして、リデュースは「製品をつくる時に、原材料を無駄なく効率的に使うように工夫する」、リユースは「製品を設計する時に、本体や部品のリユースがしやすいように工夫する」、リサイクルは「使用済みとなった自社製品の回収・リサイクルに努める」ことなどを紹介しています。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング