靴を選ぶときに参考にしよう!「ワイズ」ってなに?

  • 2017年12月12日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 753795166

靴を選ぶときに、「EE」とか「4E」と言った表記を目にすることはありませんか?これは何を表しているのでしょうか?今回は靴に関係する「ワイズ」について紹介します。

ワイズとは、日本語で足囲を意味します。英語では、width。

足の親指の付け根から小指の付け根を取り巻いて計った長さのことを言います。一般的に使われているサイズは、足裏の長さのことです。

 

JIS(日本工業規格)で定められた靴は、立体の足の形状を反映し、足長と足囲の2種類の計測部位の組み合わせで成り立ちます。

現在の既製靴の多くは、足囲が統一された商品となっていますが、婦人靴は本来、A、B、C、D、E、EE、EEE、EEEEの8種類がある。紳士向けには、これらにF、Gを加えた10種類があります。Aが最も小さく、アルファベット順に太くなります

 

【関連記事】

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング