土屋鞄製造所 新卒採用のエントリーシートを廃止

  • 2021年05月24日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 1140259760

土屋鞄製造所は22年度新卒採用で志望動機などを記入するエントリーシートを廃止し、〝素〟の学生とのコミュニケーションにより採用の精度を高めます。

エントリーから面接まですべてをオンラインで完結させます。エントリーシートを廃止するのはエントリーシートに費やす時間を軽減するとともに、マニュアルのように「上手に書く」必要もなくします。エントリーは氏名や希望職種を入力する程度で、志望動機、自己PRなどを記入する必要はなくすべて面談、面接による人物本位の採用選考にしました。面接の服装も自由にして、対話によって〝素〟の学生が見られるようにします。

気軽に就活の相談ができるようにツイッターのDM機能も活用します。内定後はメール、採用専門のLINEアカウントも活用し、心配事などをフォローします。1次面接を通過した学生と人事担当のスタッフは相互に聞きたいこと、知りたいことを何度でも話し合えるようにしてミスマッチも減らします。一方、内定通知はぬくもりを伝えるため直筆のメッセージを送ります。

同社の新卒採用はこれまで毎年7人程度だったが、21年度から20人に増やしました。21年度からSNSのウォンテッドリー、ツイッターを駆使したことでエントリー数が前年の57人から約35倍の2000人を超え、ほぼ関東だけだったエントリーが関東圏外で7割を占めるまでに広がりました。多様性のある人材確保が可能になったと見て、22年度は今年の6月までに3000人のエントリーを目指します。採用計画数は20人。

(写真はイメージです)

    関連する記事

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング