アパレル面接の想定問答集!代表的な8つの質問と回答まとめ

  • 2017年08月07日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c m

企業説明会や書類選考を突破してやっとたどり着いた面接。「うまくしゃべれるのだろうか」と不安でいっぱいではないでしょうか?一見難しそうな面接ですが、きちんと事前に対策をすれば恐れることはありません。この記事ではそんな不安を持つ方たちのために、「面接で評価されること」「面接の対策方法」「参考になる受け答えの例」をご紹介します!これを読んで、堂々とした態度で面接に挑みましょう。

目次

  1. アパレル企業の面接で評価される3つのポイント
  2. アパレル企業の面接でよく聞かれる質問と回答のコツ
  3. アパレル企業に私服で面接に行く場合の注意点
  4. 当日の持ち物
  5. まとめ

アパレル企業の面接で評価されるポイント

まず初めに、「面接では自分のどんな点を評価されるのか」という点を知っておく必要があります。ここを理解していないと、何をどのように対策すればいいか分からないからです。ここでは、アパレル企業の面接で評価されるポイントをわかりやすく紹介します。

何よりも評価されるのは、人柄

「企業」は「人」の集まりです。そのため、雇う側と雇われる側の両方が「一緒に働きたい」「一緒に目標を達成するため頑張っていきたい」と思えた時、初めて採用されます。

エントリーシートや履歴書にどんなに素晴らしい経歴やスキルが書かれていても、やはり実際に会ってみなければ応募者の人柄は分かりません。

そのため採用担当者は、エントリーシートや履歴書を見て「この学生は私たちが求めている人材かもしれない」と思ったら、まずは面接の機会を設けます。面接でのあなたの立ち居振る舞いや話す内容から書類との整合性を確かめ、あなたの人柄を評価するのです。

応募先のアパレル企業への適正

面接では、応募者に「適正があるのかどうか」という点をチェックされます。

新卒採用の担当者は、社員を雇う時「うちの会社で力を発揮して欲しい」と考えています。もし、企業が与える業務にやりがいや楽しさを見出せないとすると、その社員のモチベーションが下がり、業務の効率も下がってしまいます。そうなると、雇う側の雇われる側のどちらにとってもマイナスになってしまいます。

そのため、与えられた業務に対する適正があるかどうか、あなたの自己PRや志望動機から判断します。

新卒採用では、スキルより熱意が評価される

効果的に自己PRするためには、応募先のアパレル企業が求める人材像を知っておく必要があります。しかし、新卒採用の面接では、業務経験がないことがほとんどのため、スキルはそこまで重視されません。

重視されるのは、スキルがあるかないかではなく「スキルを習得しようとする熱意」があるかないか、ということ。この企業で頑張りたい、という誠実な思いを伝えることが大切です。

アパレル企業の面接でよく聞かれる質問と回答のコツ

アパレル企業の面接では、定番の「志望動機」「自己PR」「学生時代頑張ったこと」の他にアパレル特有の質問をされます。それぞれの質問から、採用担当者は何を知りたいと考えているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

志望動機を教えてください。

採用担当者が一番知りたいと思っている、もっとも重要な「志望動機」。ここから、あなたの熱意や適正を判断しようと考えています。

ここでは、「企業のどんな点に魅力を感じたのか」「その企業でしかできないこと」「自分がその企業でやりたいこと」の3点を軸に、相手を説得するつもりで動機を述べましょう。

自己PRをしてください。

これも、アパレル企業に限らず就活では定番の質問です。採用担当者は、あなたの強みを知ることであなたの人柄や適正を判断します。

「この子ならうちで活躍してくれそう」と思わせるためには、事前に企業の求める人材像を把握し、それにマッチしたあなたの長所をアピールするのが効果的です。

学生時代に取り組んだことを教えてください。

この質問から、採用担当者はあなたの物事への取り組み姿勢や問題解決に至るまでの方法を知りたいと考えています。

応募先のアパレル企業に関連した内容である必要はありません。あなたが実際に学生時代に力を入れたことを述べましょう。ポイントは、5W1H「いつ」「どこで」「誰と」「何を」「どうして(きっかけ)」「どのように(方法)」の基本的な情報に加え、「結果」と「自分が得たもの」を伝えましょう。

接客経験はありますか。

ファッションアドバイザーの職種に限らず、アパレル企業に入社した場合ははじめに現場経験をつむため販売員として働くよう求められることがあります。そのため、接客経験があれば採用側にとって安心材料になります。

学生時代のアルバイトで接客経験があれば、積極的にアピールしましょう。もし接客経験がない場合は「接客経験はございませんが、入社までの間に勉強したいと考えています」など、積極的な姿勢をアピールすると良いでしょう。

好きなアパレルブランドを教えてください。/よく読むファッション誌を教えてください。

採用担当者は、あなたの好きなブランドやよく読むファッション誌から、本当に好きな系統を知りたいと考えています。応募先の企業が展開するブランドと全く系統の異なるブランド名やファッション誌を挙げてしまうと、「本当にうちで働きたいのかな?」と思われてしまいます。

嘘をつく必要は全くありません。ただ採用担当者にあなたの熱意を伝えるためには、応募先のアパレル企業の製品をよく取り上げる雑誌や、同じような系統のブランドを挙げると効果的です。

他にどんな企業を受けていますか。

この質問から、採用担当者はあなたの「熱意」を再度確かめています。もし、受けている企業の系統がバラバラだったら、「この子は本当にこの業界でこの仕事がしたいのか」「本当は志望度が低いのではないか」と勘ぐってしまいます。

選考が進んでいる他業界の企業を正直に答えても構いませんが、相手に不審感を与えないよう「アパレル業界が第一志望です」「御社が第一志望です」と一言添えるといいでしょう。

土日の出勤がありますが、問題ありませんか。

多くのアパレル企業では、職種に限らず入社直後は販売員として経験を積ませる場合がほとんどです。アパレルショップの多くは土日も営業しているため、シフト制で土日勤務や早番・遅番の勤務が強いられます。

基本的なアパレル企業の勤務形態に不満を抱いているようだと「適正がない」と判断されてしまう可能性があります。どうしても働きたい!と思っているのであれば、ここははっきりと「存じております、全く問題ありません」と伝えましょう。

将来はどんな社員になりたいですか。

「将来どんな人になりたいのか」ということは、長く働いてもらう上でとても重要なポイントです。

非正規雇用の販売員としてアパレル企業に入社した場合、能力やスキルによっては正社員になれるのかどうか、別の部署への異動は可能かどうか、事前に調べておく必要があります。調べた上で、入社後にどんなキャリアを積んでいきたいのか正直な気持ちを伝えてください。

ただ、独立したいと考えている場合は、採用面接の時点でそれをアピールするのは避けましょう。

アパレル企業に私服で面接に行く場合の注意点

次に実際にアパレル企業に面接に行く際の服装や注意点です。アパレル企業はほとんどは私服面接を実施しています。どんな服装でいけばいいのか、悩むところです。ここでは、面接に行く時に着る服の選び方を紹介します。

面接にふさわしいコーデをしよう

「私服でお越しください」と指示されたからといって、必ずしも普段通りの格好で面接に行っていいわけではありません。私服で行くとはいえ、企業の採用面接であることには変わりありません。「面接にふさわしい私服」を意識してコーディネートしましょう。

座った時に手で押さえなければパンツが見えてしまいそうなミニスカートや、お辞儀をした時に胸の谷間が見えてしまいそうなルーズなトップスは、面接には不適切です。

シルエットやサイズ感、小物使いなどで、あなたが「おしゃれ」であることは十分アピールできます。どうしてもコーデに悩んだ時は、20代後半~30代前半の女性をターゲットにしたファッション誌をチェックしてみましょう。清潔感のあるおしゃれなコーデのヒントが、たくさん散りばめられています。

面接で採用担当者がチェックしている私服コーデのポイントは、こちらをご覧ください。

競合他社のアパレルアイテムは避けるのが無難

「競合他社」のアパレル製品は避けたほうが無難です。特に、ターゲット層や系統が似ているブランドのロゴが大きく入ったものはやめましょう。「この子は本当にうちのブランドが好きなのかな?」「本当にうちで働きたいのかな?」と思わせてしまうからです。

応募先のアパレル企業の展開するブランドで全身をコーディネートする必要あありませんが、せっかくなら似たようなイメージの服や応募先のアパレル企業のアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

当日の持ち物

いよいよ面接当日。「忘れ物やトラブルのせいで、せっかく準備した内容が思うように発揮できなかった」ということが内容mここでは「最低限必要な持ち物」と、「あると便利な持ち物」をご紹介します。

最低限必要な持ち物

面接会場までの地図

スマホの地図でも構いませんが、電池が切れてしまうことも十分に考えられます。紙の地図を1枚用意しておくことをお勧めします。

面接当日の連絡先

当日、道で迷ってしまったりトラブルに巻き込まれてしまった際は、採用担当者に一報入れる必要があります。連絡ができなかったために、無断で辞退したとみなされ面接の機会を失ってしまうこともあります。必ず、面接当日の連絡先をひかえておきましょう。

筆記用具

これは言わずもがな。社会人のマナーとして、持ち歩きましょう。

スケジュール張

面接後、帰り道で次の面接の連絡がくる場合もあります。そんな時、その場でスケジュールを確認できるよう、就活中は常にスケジュール帳を持ち歩きましょう。

携帯電話

当日、企業との連絡手段として必要です。面接会場から帰っている途中で、次の面接の連絡がくる場合もあります。必ず持ち歩きましょう。

学生証

運転免許証を持っている場合でも、あなたが学生であることの証明にはなりません。そのため、身分証としての学生証を持ち歩きましょう。

あると便利な持ち物

エントリーシートのコピー

移動中や待ち時間に企業理念や自分の志望理由を再度確認するためにも、持っていくことをお勧めします。

携帯のモバイルバッテリー

急に充電が切れたときなどに便利です。

折り畳み傘

急な雨に振られて、面接会場に着く頃にはドロドロ・・ということも考えられます。天気が不安定な夏だからこそ、持ち歩きたいアイテムです。

化粧品類

身だしなみに厳しいアパレル業界の面接に挑むならば、いつでも整えられるように持ち歩くのがおすすめです。

替えのストッキング

傘やカバンを引っ掛けてしまうと、簡単に伝線してしまうストッキング。ベストな状態で面接に挑めるよう、万が一に備えて替えのストッキングを持っておくことをお勧めします。

面接当日は入室や退室のマナーも再度チェックしよう!

面接本番は緊張してしまい、入室や退室のマナーを忘れがち。企業へ向かう電車の中で、ぜひ社会人としての基本的なマナーをおさらいしよう!→https://job.senken.co.jp/shinsotsu/articles/mensetsu-01

まとめ

誰だって緊張してしまう面接。私服で面接を実施するアパレル企業においても例外ではありません。しかし、これを読んで事前に対策を練れば、怖がる必要はありません。相手の質問の意図を把握して、あなたの志望動機やアピールポイントを堂々と伝えてください。頑張った分だけ、きっといい結果に結びつきますよ。

    関連する記事

      この記事に関連するキーワード

      新着の求人最近公開された求人

      イベント一覧

      話題のキーワードキーワード一覧

      月間ランキング月間アクセスランキング

      週間ランキング週間アクセスランキング