一重まぶたのための就活メイク講座~アイプチなしでも好印象!

  • 2017年12月04日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 makeup brush 1768790 1280

目元は第一印象を決める大切な要素の一つです。とはいうものの、重たい一重に悩まされている方も多いのではないでしょうか。今回は、一重の方でも好印象を与える就活メイクの仕方を紹介します。アイプチはしてもいいの?といった疑問から、アイメイクやベースメイク、チークの入れ方についても触れていくので、一重さんは必見です!

目次 

  1. 腫れぼったい一重まぶたの悩み
  2. 一重さんが就活で好感を与える就活用アイメイクの方法
  3. 一重さんが就活で好感を与える就活用ベースメイクの方法
  4. 一重さんが就活で好感を与えるチークの入れ方
  5. 一重さんが就活で好感を与えるリップの選び方と乗せ方
  6. 最後は、明るい表情を忘れないで!
  7. 就活メイクでアイプチやつけまつ毛をしてもいいの?
  8. 一重さんが参考にしたい就活ヘアスタイル
  9. まとめ

腫れぼったい一重まぶたの悩み

華美な印象を避けたい就活メイクでは、つけまつげやカラコンで「盛る」のはNG。

しかし、いざナチュラルな就活メイクを試してみても、重たい一重まぶたのせいで「目つきが悪い」「野暮ったい」と悩んでいる人もいるでしょう。

実はほんの少しだけメイクの方法を工夫するだけで、気になる一重をたちまち好感度の高い目元にできるんですよ。自分の目元の印象をどうにかしたい!と思っている就活生のみなさん、ぜひ参考にしてみましょう。

一重さんが就活で好感を与える就活用アイメイクの方法

白や黒はNG!素肌に馴染ベージュ・ブラウン系を選ぼう

一重のアイメイクで気を付けることは、白い光を減らすこと。ラメやパールのキラキラが反射して、一重の腫れぼったさを強調してしまうのです。

パール入りのアイシャドウを使うときは、肌色に近いナチュラルなカラーを選びましょう。

また、アイラインも真っ黒はダメ。より肌に馴染むブラウン系を選ぶことで、優しい目元になります。

アイラインは、リキッドアイライナーを使って細く、長く!

目の縦幅を強調したいと思い、太く短く入れる方がいますが、実はこれは逆効果。

アイラインは、色をのせるのではなくあくまで引き締め役です。リキッドアイライナーを使って、まつげのキワに沿って細く長く入れましょう。

アイシャドウは2色のグラデーションでぼかしを入れよう

アイシャドウのグラデーションは、色の濃いものと薄いものを用意して、2色でグラデーションを作っていきます。

アイラインで引き締めたところに、色の濃いアイシャドウを乗せて行きます。このとき、目尻に向かってだんだん太くなるように入れるのがコツ。猫目気味の場合は、目尻を少し下げることで、優しい印象になります。

マスカラは、ウォータープルーフのロングタイプを選ぶべし!

マスカラが滲んで、パンダ目になってしまいがちな一重まぶたさん。就活メイクでも、断然ウォータープルーフがおすすめです。

一重まぶたのために、まつげが下向きに生えることが多いのも、一重まぶたさんの悩みですね。しかし、ロングタイプのマスカラで長さを出して、ビューラーでカールさせることで、横顔に奥行きが出て女性らしい印象になります。

選ぶなら、ウォータープルーフのロングタイプです!

一重さんが就活で好感を与える就活用ベースメイクの方法

一重まぶたの目を大きく見せたい!と思うと、ついアイメイクばかりに注意が向いてしまいますが、実はベースメイクも大切な要素なのです。

ベースメイクでハイライトをうまく取り入れることで、より立体的で変化に富んだ表情を作ることができます。

下地は全体に塗っても、ファンデーションは顔全体に塗らない

化粧下地と同じように、ファンデーションも顔全体に塗ってしまうのはNG!より立体感をだすためにも、ファンデーションは、頰骨付近を中心に乗せて行きましょう。Tゾーンや目元、口元は、化粧崩れを起こしやすい部分なので、塗るとしても軽めを意識してください。

鼻筋・おでこ・涙袋・顎にハイライトパウダーをのせよう

鼻筋・おでこ・涙袋・顎を高く見せることで、顔全体の凹凸がはっきり見えます。

ハイライトを塗るときのポイントは、「他人に気づかれないくらいうっすら塗る」ことです。

立体感を出したい一心で、不自然なほどハイライトを入れる方もいますが、これはNG。サッとブラシでひと塗りでOKです。

ローライトの入れすぎには注意!

 顔の凹凸を意識しすぎるあまり、鼻筋の付近にローライトを入れる方がいますが、就活メイクでは避けましょう。不自然に写ってしまいがちです。

どうしてもローライトを入れたい!と思ったら、地肌に近い色ファンデーションと、地肌よりも少し暗いファンデーションの2種類を使うのがおすすめ。

普段ローライトを入れるところに暗めのファンデーションを使うことで、よりナチュラルに仕上がります。

一重さんが就活で好感を与えるチークの入れ方

顔の凹凸を引き立て、血色の良い明るい表情にしてくれるのが「チーク」です。

就活メイクでは、色味が強く出過ぎない「コーラルピンク」がおすすめ。

大きなブラシを使って、頬の一番高い位置から耳に向かって、さっと流すように乗せていくのがポイントです。

一重さんが就活で好感を与えるリップの選び方と乗せ方

一重まぶたの場合、リップに強い色味を持ってくることでアクセントにするメイクが一般的ですが、就活メイクでは強い色味なNG。グロスやラメの入ったものも避けましょう。

就活メイクでは、コーラルピンクやオレンジベージュなど、自分の肌に合った淡い色を選びましょう。

まず、リップクリームやリップバームを使って唇のコンディションを整えます。

そのあと、リップブラシを使って中心から外側に向かって色を乗せましょう。

自分の肌に合った口紅の選び方は、「就活メイクに使いたい口紅の選び方~魅力を引き出す就活メイク

」をどうぞ!

最後は、明るい表情を忘れないで!

ここまで、一重でも印象が良くなる就活メイクのポイントをご紹介してきました。

しかし、あなたの印象をアップさせる何よりものメイクは、あなたの「笑顔」です。自然で生き生きとした笑顔が出るよう、練習しておきましょう。

緊張して笑顔が作れそうにないときは、挨拶の時だけでも構いません。にこやかな笑顔で「失礼致します」と挨拶するだけで、あなたの印象はグッと上がりますよ。

就活メイクでアイプチやつけまつ毛をしてもいいの?

一重まぶたを二重にするためのアイプチ。

整形をせずに憧れの二重まぶたが作れるので、一重さんにとってはまさに救世主のような存在です。

しかし、就活メイクでは「ナチュラルさ」という観点から、アイプチを全面的におすすめできないのが現状です。

一見ナチュラルに見えているかもしれませんが、瞬きをしたときや、下を向いた時、アイプチをした目元は不自然に突っ張っています。

同様の理由で、就活中はつけまつ毛も避けたいところ。けばけばしい印象になるだけでなく、「ナチュラルさ」が失われてしまいます。

就活メイクで大切なのは、「おしゃれ」よりも「身だしなみ」。身だしなみは、相手に不快感を与えず、お互いに気持ちよくコミュニケーションをとるための必須条件です。社会人の第一歩として、まずはメイクから変えてみてはいかがですか?

一重さんが参考にしたい就活ヘアスタイル

最後に、一重さんが参考にしたい就活ヘアスタイルを紹介します。

前髪次第で、あなたの印象はガラッと変わる!

アーモンド型で猫目のような一重は、しばしば「キツい」印象に見られてしまうことがあります。そんな時、前髪を横に流すだけで優しい印象にすることができます。

オールバックやポンパドールなどは、どうしても「活発」「キビキビしている」といった印象になりがち。また、眉毛が見えないぱっつん前髪や、重めバンクも就活には不向きです。

就活で優しい印象にしたいなら、横に流すのがベストです。

短い前髪の方は、カーラーやヘアアイロンを使おう

カーラーやヘアアイロンで、前髪を内巻きにします。その後、ワックスを手になじませてから、流す方向に向かって前髪を手櫛で整えていきます。

長い前髪の方は、ワックスとヘアピンを使おう

まず、ワックスを少量手にとります。前髪全体に満遍なくワックスをなじませましょう。つけすぎは厳禁です。あくまで少量にとどめましょう。

次に、流したい方向に向かって前髪を持っていき、耳にかけます。耳にかけた前髪を櫛で整えたら、ヘアピンで固定しましょう。ピンが見えないように隠すと、野暮ったさがなくなります。

前髪が落ちて来やすい時は、最後にスプレーで固定すると安心ですよ。

まとめ 

今回は、一重まぶたにお悩みの方におすすめしたい就活メイクを紹介しました。アイプチやつけまつげを使わなくても、アイメイクやベースメイクの方法をほんの少し工夫するだけで、一重でも自然で可愛い表情を作ることができます。今回紹介した就活メイクの方法を、あなたの悩みに合わせて取り入れてみてくださいね。就活の時だけでなく、入社してからも役立つはずですよ。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング