【19年度ファッション・アパレル業界調査】全国主要ショッピングセンター売上高ランキング コロナ禍で増収は4分の1 トップ10の半数はアウトレット

  • 2020年11月04日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416

センケンjob新卒を運営する繊研新聞社が実施した「第25回全国主要SC(ショッピングセンター)アンケート調査」によると、百貨店、GMS(総合小売業)などの核店舗を除いた19年度のSCの施設別売上高が増収となったのは全体の約4分の1にとどまりました。17年度が7割、18年度でも6割が増収を確保していた状況から様変わりしました。消費増税、秋の台風、記録的な暖冬など厳しい条件がありましたが、何よりも年度末の新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きく、20年度への影響はより大きくなりそうですが、消費者の戻りが立地や客層、テナント業種で濃淡が大きくなっているなど、今後への懸念も強くあります。

ラゾーナ川崎プラザが初めて1位になりました。回答施設の変化によるものですが、18年秋の改装効果で減収幅を抑えました。

■増収は2施設のみ

上位10施設でも同様の変化はありましたが、増収は2施設にとどまっています。「2月までは過去最高のペースだった」という施設もあるが、コロナ禍でマイナスに転じたところがほとんどです。

そうしたなかでは、神戸三田プレミアム・アウトレットはハイブランド、スポーツブランドの好調による貯金が効き、前年の8位から6位に上昇。三井アウトレットパーク木更津は増床効果で増収、前年の11位からトップ10にランクインしました。これにより、上位10施設のうち半数がアウトレットモールとなりました。また、9位となったJR博多シティは、これまでは別々だったアミュプラザ博多とデイトス博多などを合計した回答に変更したことでトップ10に入りました。

3月期決算の施設が多いため、20年度は4、5月の休業の影響が反映され、より厳しい結果が予想されます。コロナ禍で多くがテナント家賃の減免措置を講じていることもあり、売上高ばかりでなく収益性の面でも厳しくなるのは間違いありません。

1位になったラゾーナ川崎プラザ

■都心部などが苦戦

営業再開後も、7月に入ってからは新型コロナウイルスの感染が再拡大し、外出を自粛する傾向が強まっています。そのため、地域密着型はともかく、ターミナル駅立地をはじめとした都心部などの施設の苦戦が続いています。また、アウトレットモールでは海外からの製品輸入も多く、商品の確保に不透明感もあります。

飲食やインバウンド(訪日外国人)需要の厳しさも長期化するとの見通しで、さらに、コロナ禍でダメージを受けた衣料品分野では、アパレル企業の大量閉店が相次いでおり、先行きの懸念は強まります。

各施設は3密防止で集客イベントも打ちにくい環境ですが、感染防止対策をとりながら来店客へのサービスを強めています。地域の期待に応えて少しでも売り上げを取り戻すための取り組みが続きます。

アンケート協力施設は416。イオングループ、ラフォーレ原宿、SHIBUYA109渋谷などの売上高は非公表。前回まで1位だった成田国際空港は開示の方針を変更しました。

19年度全国主要ショッピングセンター売上高ランキングTOP10

順位 施設名 企業名 売上高(前期比伸び率、▼減または損失) 決算期
1 ラゾーナ川崎プラザ※1 三井不動産

928億円(▼2.6%)

20年3月
2 御殿場プレミアム・アウトレット※1 三菱地所・サイモン 875億円(▼7.0%) 20年3月
3 ルクア大阪 JR西日本SC開発

832億円(▼1.1%)

20年3月
4 ららぽーとTOKYO-BAY※1 三井不動産 758億円(▼3.7%) 20年3月
5 ジョイナス(高島屋除く) 相鉄ビルマネジメント 643億6100万円(▼1.3%) 20年3月
6 神戸三田プレミアム・アウトレット 三菱地所・サイモン 580億円(3.0%) 20年3月
7 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 三井不動産 564億円(▼1.4%) 20年3月
8 三井アウトレットパーク木更津※1 三井不動産

560億円(3.9%)

20年3月
9 JR博多シティ※2 JR博多シティ 554億4100万円(▼4.3%) 20年3月
10 軽井沢・プリンスショッピングプラザ 西武プロパティーズ 533億5600万円(▼0.5%) 20年3月

《表の見方》

①調査はアンケートを基本として決算発表や前回調査をもとに繊研新聞社の独自取材などを加えてまとめた

②売上高は百貨店、GMSなどの核店舗は除いた

③核店舗の位置付けは施設によって異なる場合がある

④売上高は原則として19年6月~20年5月に迎えた「直近の決算期」もしくはそれに準ずる期間の年間集計の数値

⑤※1は前期もしくは前々期に大規模な増床や減床・改装のあった施設。※2は計上方法などに変更ほかがある施設

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング