無印良品が衣料品72品目値下げ 価格適正化でセール減らす

  • 2020年10月30日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 dsc04723

良品計画は無印良品で販売する衣料品の価格を10月2日から値下げしています。天然素材を使ったシャツやニットなどのカジュアルウェアや靴下、パジャマなど72品目。常時買いやすい価格にすることで、期間限定の価格引き下げやシーズン終盤のセールを減らします。12月末には衣料品で第2弾の値下げも実施する予定です。

在宅勤務の拡大を背景に、自宅で過ごす時間が増えたことを受け、普段着として着用することの多い衣料品の価格を見直しました。9月3日から靴下3足を790円から690円(税込み)に値下げしています。

10月2日からは値下げ品目をさらに増やし、長袖Tシャツは1480円を990円に、ウール・シルク混のクルーネックカーディガンやストレッチチノパンツは3990円を2990円に、綿のインナーTシャツは990円を790円に、パジャマは4990円から3990円に値下げします。

オーガニックコットンやリネン、ヤクウールなど環境に負荷をかけずに栽培、収穫した天然素材を使った衣料品を増やしており、そうした商品の価格を素材調達ルートの見直しや生産拠点の集約化で引き下げています。

今後も衣料品の値下げを定期的に実施し、会員向けに割引販売する「無印良品週間」を除き、シーズン中の期間限定値下げやシーズン終盤のセールでの値下げは減らしていく予定です。

(繊研新聞20年10月2日より)

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング