「ラフ・シモンズ」のアーカイブコレクションに20~30代のファンが行列

  • 2021年01月29日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 large rafsimons archive 14 016

久々の行列が話題になっています。お目当ては、「ラフ・シモンズ」がブランド設立25周年を記念して世界の限定ショップで発売したアーカイブコレクション「ラフ・シモンズ・アーカイブ・レダックス」。1月22日の発売当日、取り扱ういくつかのセレクトショップの前に20~30代の服好きの男性客が列を作りました。

同コレクションは、ラフ・シモンズのアーカイブのうち約100型で構成されています。レダックスとは、ラテン語で「戻った」の意味。90年代など、ブランドのいくつかの時期に立ち返り、パーカやモッズコートなどを再現しました。

ラフ・シモンズのアーカイブは以前から人気で、もともとファンが多い。特にここ5、6年は、カニエ・ウェストらアメリカのアーティストが着たことで人気が再燃。名作といわれる当時の服は中古市場で高額取引されるようになり、100万円を超えるものも多い。そんななか発売されたアーカイブラインに、ファンが飛びつき、発売前からツイッターなどSNS上でも盛り上がっていました。

期間限定イベントを開催中のアディッション・アデライデでは発売当日の朝、店頭に100人並びました。緊急事態宣言を受けて店内に人が密集しないように、入店順を決める抽選会への参加をオンラインで受け付けた上で、当日の抽選会を行ったところ、長蛇の列ができました。この規模の列はここ数年、なかったといいます。

売れ行きも良く、初日で9割近く消化。本国から発売日以前の商品公開は禁止されていたため、当日まで何が出るかはわからない状態でしたが、唯一キャンペーンイメージに使われたモッズコート(36万6000円)への問い合わせが相次ぎ、当時も人気だった商品だけに、すぐ完売しました。

キャンペーンイメージに使われたモッズコート

中心客は、発表当時を知らない20代の若い男性と、当時ブランドに憧れていた30代の男性。レディスコレクションが始まったことを受けてか、女性客もいました。「限定商品の場合、転売目的の人もいますが、今回はほとんどいなかった印象です。よりマニアックなファンが集まったのでは」とPR。期間限定イベントは1月31日まで。

リステアは、ECのみで販売しました。22日午前0時に発売し、初日で8割が売れました。発注のタイミングは20年8月。コロナ禍がファッション市場に打撃を与えていましたが、「過去の名作が揃うから、多少高くても売れる」と読み、通常の3倍近く発注。期待値はそもそも高かったですが、動きはそれ以上で、足りなかったといいます。

リステアでは30代だけでなく、40代の男性客も多く、2年前に開催したビンテージの販売イベントをきっかけに、90年代のラフ・シモンズや「ヘルムート・ラング」の認知度が大人まで広がったといいます。

浅野康行メンズバイヤー兼ECマネージャーは、「ラフ・シモンズは中古市場で価値が高いだけでなく、現在のコレクションも需要がある。昔の服が美術館的なピースではなく、今でも普通に着られるというのが魅力です。メンズウェアの歴史を作ってきた人だと実感します」とコメントしています。

「アーカイブ・レダックス」

(繊研新聞21年1月27日付より)

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング