さまざまな職種で活躍する13人のプロフェッショナルたちのお仕事を紹介する【お仕事ペディア2020】③ 「プレス、商品企画、店長」編

  • 2019年07月10日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 1234567891000

ここではさまざまな職種で活躍する13人のプロフェッショナルたちのお仕事内容を紹介します。それぞれの入社のきっかけやその職種で求められる能力、何よりお仕事の魅力とは何なのかを聞きました。

今回は、プレス商品企画店長の3つのお仕事をご紹介します。

-07:プレス/ビーズインターナショナル 久藤藍子さん

憧れのブランド。その魅力と価値を世界へ発信したい

音楽、カルチャー、スポーツ等のストリートシーンからエッセンスを取り込み、さまざまな領域とタイアップしたアイテムを開発

ビーズインターナショナル 第1ブランドマーケティング部 広報宣伝 X-girl担当チーフ

久藤藍子さん 2013年入社

「ワーキングホリデーでアパレル会社のPR業務をサポートし、プレスの仕事に興味を持ちました」と語る久藤さん。現在、学生時代から憧れていたブランド、エックスガールの広報宣伝をリードしている。

「サンプル商品のメディア等への貸し出し、撮影ディレクション、カタログやポスターの企画制作、展示会や店頭イベントの企画・運営、さらにSNSやホームページの更新など、プレスの仕事は幅が広く、ブランドのクリエイティブに関する部分はすべて私たちのチームが担っています。エックスガールは北米発祥のブランドですが、日本のレディスブランドとして再現され、音楽やアーティストなど、さまざまなカルチャーとコラボレーションした取り組みを行っています。また、発祥の地である北米を始め、海外市場にも積極的に進出しており、私も市場調査やプロモーションの仕事で月に1度はニューヨークやロサンゼルスに出張しています。現段階では、米国内のオンライン&セレクトショップでの販売が中心ですが、近い将来リアルショップを立ち上げたいですね」。

感動した出来事はミュージシャンであり、ブランド創始者であるキム・ゴードン氏に現地撮影の場で会えたこと、と微笑む久藤さん。

「あなたの言葉に感銘を受けて、エックスガールの仕事をしています、と伝えました。歴史あるブランドを育み、世界へ発信できる歓びを日々実感しています」。世界を舞台に活躍する久藤さんに熱い視線が集まる。

日本とアメリカを行き来する忙しい日々。気の置けない仲間たちとの触れ合いが何よりもうれしいと語る久藤さん

Profile

ワーキングホリデーで海外での仕事を経験。帰国後、どうしてもエックスガールの仕事をやりたくてビーズインターナショナルの門をたたいたという積極派

【会社名】株式会社ビーズインターナショナル

【事業内容】衣料品・雑貨品企画販売、販売促進活動、EC事業、映画配給

ビーズインターナショナルについてのもっと詳しい情報はこちら!≫≫株式会社ビーズインターナショナル

 

-08:企画/アンビデックス 鈴木清子さん

企画した商品をみんなで創造するプロセスにやりがいを感じています

ブランドの世界観を大切にしながら、進化させていくことも企画の仕事と語る

株式会社アンビデックス ビュル デ サボン事業部/企画鈴木清子さん 2012年入社

33のオリジナルブランドを展開するアンビデックス。鈴木さんは、そのひとつビュルデサボンの企画を担当している。

「企画はトレンドやニーズを考慮し、新商品を提案し、その製作をリードする仕事です。服のコンセプトとイメージを考え、ラフデザインを描き、生地やサイズを検討し、それらの絵、サンプル、スペック等を書き込んだ〝メニュー〟と呼ぶ仕様書を作成します。社内で検討して、生産が決まった服のメニューをデザイナー、パタンナー、生地メーカー等に説明し、各エキスパートとさまざまな課題を乗り越えながら、商品の発売まで関わります。根気と粘り強さが必要な仕事ですが、自分が企画した商品をみんなで力を合わせて生み出していくプロセスに大きなやりがいを感じています」。努力家の鈴木さんに仲間たちの期待が集まる。

Profile

学生時代にテキスタイルを学び、企画職に憧れてアンビデックスへ入社。販売職を1年近く経験。社内のデザイン画試験に合格し、希望していた企画職へ異動した努力家。服作りに日々情熱的に取り組んでいる。

【会社名】株式会社アンビデックス

【事業内容】レディスウェアの企画、製造、販売

アンビデックスについてのもっと詳しい情報はこちら!≫≫株式会社アンビデックス

 

-09:店長/ワールドストアパートナーズ

メンバー全員の個性を活かし、笑顔があふれる店舗づくりを目指す

女性のワークライフバランスを重視した、各種制度や福利厚生も当社の魅力と語る

株式会社ワールドストアパートナーズ インディヴィ/店長 2014年入社

「店長にキャリアアップして4ヵ月。販売を中心に、店舗レイアウト、メンバー育成など、仕事の幅が一気に広がりました」と語る店長。「週ごとに各自の目標を設定し、目標達成に向かって、メンバー全員で取り組んでいます。店長である私自身はもちろん、メンバー全員がやりがいを感じて販売に取り組めるよう、個々の性格や接客の持ち味を評価し、モチベーションアップを図ることも店長の仕事です」と微笑む。

接客で大切なのは素直さ、とのこと。「周囲の話を聞く、自分の失敗を認める、そんな素直な姿勢が、社内だけでなく、お客様からも信頼される存在に成長する鍵だと思います」。将来は人事・採用・教育など、後輩たちを育成する仕事にも取り組んでみたい、と意欲を見せる店長に、大きな期待が集まる。

Profile

学生時代に実習生としてワールドストアパートナーズで販売を体験。互いを尊重し合う温かい社風に惹かれ入社。一人ひとりのお客様に感謝の気持ちを込め、素敵な着こなしを提案するのがモットー。店長の仕事に大きなやりがいを感じている。

【会社名】株式会社ワールドストアパートナーズ

【事業内容】ワールド直営店にて婦人服、紳士服、子供服、服飾雑貨などの販売、運営、店舗開発業務

ワールドストアパートナーズについてのもっと詳しい情報はこちら!≫≫株式会社ワールドストアパートナーズ(ワールドグループ)

 

【関連記事】

① 「海外赴任/COO(最高執行責任者)、商品開発、ショップマネージャー」編

② 「ディストリビューター、エリアマネージャー、バイヤー」編

    関連する記事

    新着のお仕事最近公開されたお仕事

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング