さまざまな職種で活躍するプロフェッショナルたちのお仕事内容を紹介する「お仕事ペディア」① 【バイヤー・商品開発・生産管理編】

  • 2018年03月19日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 123456

さまざまな職種で活躍するプロフェッショナルたちのお仕事内容を紹介する「お仕事ペディア」。それぞれの入社のきっかけやその職種で求められる能力、何よりお仕事の魅力とは何なのかを聞きました。

今回は、バイヤー商品開発生産管理編。ファッション業界のお仕事の中身とは?

バイヤー/クレヨン 笠木亜美さん

“クレヨンらしさ”を見逃さない感性が大切

株式会社クレヨン 商品部/バイヤー

笠木亜美さん 入社6年目

他社にはない独特の商品がたくさんあることで有名なクレヨン。個性的でおしゃれなアイテムは、自社で製造している物だけでなく、バイヤーが買い付けたものも多い。それぞれの店舗やブランドによってコンセプトが異なるので、そのテーマに沿ったアイテムを展示会で見つけてくるのが、バイヤーの仕事だ。

「商品を選ぶときには、お客様のニーズだけでなく、ブランドのコンセプトに合っているかを見極めるようにしています」。クレヨンらしい商品を探すのは容易なことではなく、5件以上の展示会を回って、ピックアップすべきアイテムが一つも見つからずに帰ってくることも珍しくないという。

「メーカーもシーズンによってテイストを変える場合があるので、クレヨンに合いそうなメーカーには足繁く通うようにしています。1日中歩き回るので、体力勝負な所もあります」と笠木さん。クレヨンでは、ピックアップした商品を社長にチェックしてもらい、確認が取れてから発注が決まる。発注数の管理やメーカーとのやり取りなども担当しているので、MDや生産管理などの幅広い知識が必要になるのも特徴だ。

笠木さんが常に心がけているのは、情報収集。雑誌やSNSなどを通じて、オシャレでクレヨンに合うブランドを常に探している。「日々アンテナを張っていますし、自分だからこそ仕入れられるもの、お客様に提案できるものがあると思っているので、自分の感性を磨くことも大切にしています」と語ってくれた。

Profile

高校3年生のときから専門学校でWスクールに通うほどファッション好き。歴代最年少の19歳で入社し、3年間販売職を経験した後、念願のバイヤー担当になった。

【会社名】株式会社クレヨン

【事業内容】婦人服、服飾雑貨の小売業・製造・販売

【URL】http://www.lois.co.jp/

クレヨンについてのもっと詳しい情報はこちら!>>株式会社クレヨン

 

商品開発/米富繊維 神山悠子さん

自社ブランド「コーヘン」で多くの人が幸せな気持ちに

米富繊維株式会社 商品開発

神山悠子さん 入社5年目

入社の動機は米富繊維の自社ブランド「コーヘン」が素敵だったから。物作りの現場で働きたかったので、山形県という地方都市への就職にも抵抗はなかったという。「確かに娯楽は少ないが、東京の人がうらやむこともたくさんある」と話す。

ニット工場の仕事は編地のプログラミングなど地道な作業も多い。「向き不向きはあるが、私は楽しい」と神山さん。職人との距離が近いので濃密にトコトン話し合える。「悩んだらベテランの職人にすぐ相談できるのも心強い。ちょっとした変更などの融通も利き、スピード感が圧倒的に違う」ことも日々実感できる。

ファクトリーブランドだからこそ、職人泣かせの無理難題も聞いてもらえる。「多くの人にコーヘンを着てもらい、幸せな気持ちになってもらうのが理想」と任された仕事に全力で臨む

Profile

ロンドンに留学した後、13年に米富繊維に入社。山形県の本社工場で編み立て・サンプル作製を担当。島精機製作所で一ヶ月間研修を受ける。

現在は自社ファクトリーブランド「コーヘン」のデザイナー、商品開発を担当する。

【会社名】米富繊維株式会社

【事業内容】ニット製品の企画・製造・販売

【URL】http://yonetomi.co.jp/

米富繊維についてのもっと詳しい情報はこちら!>>米富繊維株式会社

 

生産管理/エイ・ネット 佐藤一輝さん

服を作る、すべてのプロセスに関わる奥深い、やりがいのある仕事です

株式会社エイ・ネット mercibeaucoup, /生産管理

佐藤一輝さん 入社7年目

服作りのプロを目指して入社した佐藤さん。「大学で経営学を専攻したので、アパレルビジネスの根幹を支える生産管理に興味を持ちました」と目を輝かせる。

「生産管理の仕事は、デザイナーや企画、技術(パタンナー)などのモノづくりチーム、および取引先の生産工場、そして、営業、広報、EC戦略などのビジネスチームと打ち合わせを重ね、計画通りに店頭に商品が納品されるよう、生産スケジュールを構築、コストや収益を計算し、素材・加工方法の品質管理を行います。縁の下の力持ち的な役割ですが、服作りの全プロセスに関わる、奥深い仕事です」。

この仕事には柔軟なコミュニケーション力と各部署の活動を細かく管理するマネジメント能力が必須と語る佐藤さん。モノ作りにこだわるエイ・ネットの価値を根底から支えている。

生産管理チームの若手スタッフをリードする佐藤さん。今後は人材育成にも注力したいと語る

Profile

学生時代から服が大好きだった佐藤さん。真摯な姿勢でモノ作りに取り組むエイ・ネットの理念に共感して入社。

店舗での販売研修を経て、2012年に現在の部署へ。主に布帛製品と小物の生産管理を担当している。

【会社名】株式会社エイ・ネット

【事業内容】レディス、メンズ衣服ならびに小物・アクセサリーの企画、製造、卸、販売、Eコマース関連事業

【URL】http://www.a-net.com/

エイ・ネットについてのもっと詳しい情報はこちら!>>株式会社エイ・ネット

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    イベント一覧

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング