【お仕事ペディアー販売職編ー】先輩インタビューから知る、販売職の魅力とは?㊦

  • 2020年07月17日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 untitled collage     2

皆さんにとって身近な販売職のお仕事、実は知っているようで知らないことがたくさんあるはず。

先輩インタビューから知る、販売職の魅力をご紹介します。

【関連記事】【お仕事ペディアー販売職編ー】先輩インタビューから知る、販売職の魅力とは?㊤

社内のコミュニケーションが豊富でキャリアアップしやすい社風

ジャパンイマジネーション 伊藤美玲さん

株式会社ジャパンイマジネーション 「a.g.plus」/リーダー店長
伊藤美玲さん 2015年入社

トレンドカジュアル+ガーリーテイストで人気のエージープラスでリーダー店長を務める伊藤さん。

「〝シスター・ブラザー制度があり、マンツーマンで先輩から学べる〞〝社内のコミュニケーションが豊富でキャリアアップがしやすい〞〝自分が好きなテイストのブランドで働ける〞この3つが入社の決め手でした」と語る。

現在2つの店舗を受け持ち、接客や売り場作り、ブランドの販促計画を考案し、その会議にも出席している。「やる気や努力をしっかり見て評価してくれる社風なので、『やってみよう!』という意識を持ち、自分の力を試してみたい人にはお勧めの職場です」と話してくれた。

「良い提案ができた時に、お客様に直接お礼を言っていただけるのが一番嬉しいです」。お客様の温かさに触れるとモチベーションも高まると語る

ー私の鉄板接客トークー

私たちのブランドに来てくださるお客様は、着回しを楽しむ方が多いのが特徴です。そこで、私はお客様がお持ちのアイテムを複数かつ細かくお聞きしています。お客様が気になっているアイテムと、お手持ちのパンツ、スカートなどと合わせた3通り以上のコーディネートを提案します。終的にはブランドだけでなく、自分自身のファンになっていただけるようなおもてなしをすることが私の鉄板接客術です。

≫≫ジャパンイマジネーションの企業情報はこちら

 

お客様のライフスタイルに 寄り添った接客でブランドを表現

アングローバル 市井瑞紀さん

株式会社アングローバル MHL ルミネ池袋店/販売スタッフ
市井瑞紀さん 2017年入社

もともとブランドのファンだった市井さん。話すことが好きということもあり入社を希望。最初の2年は馴染みのある地元・関西のお店で働き、昨年から異動希望を出し続けていた都内店勤務になり、活躍の場を広げている。

「MHLは、ライフスタイルをトータルで提案するブランド。だから、接客にもそのポリシーが反映されていなければいけないと思います」と市井さん。接客の会話に服のことだけではなく、あえて趣味やどういったシーンで着たいのかなどを織り交ぜていく。そんな会話からお客様に合った洋服を提案することが信頼関係につながるのだと、うれしそうに話してくれた。

ーこの企業のココが好き!ー

当社のブランドは、ほとんどが少人数で店舗を運営していることもあり、一人ひとりにしっかりした役割があります。僕はメンズの販売計画・商品発注・レイアウトを担当していますが、他にはレディス担当や、ストック担当など細分化されており、それぞれが責任をもって目標をこなしていきます。月1回のミーティングで共有できるので、全体を把握しながら実務経験を積みたい人にはぴったりだと思います。

一番うれしかったことは、関西時代のお客様が池袋に遊びに来てくれたこと。これからもそんなブランドファンを増やすのが目標とのこと

≫≫アングローバルの企業情報はこちら

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング