【アパレル業界ランキング】専門店の店舗数TOP3!

  • 2017年09月08日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 546416425

「センケンjob新卒」を運営しているファッションビジネスの総合情報企業・繊研新聞社は、ファッション・アパレル企業の業績調査を毎年実施しています。 今回は最新版の調査(2016年度)から、期末店舗数の多い専門店のランキングTOP3を紹介します!

1位 しまむら 2013店

しまむらの店舗

1位のしまむらが51店増えて2000店を突破しました。ベビー・子供用品を扱う「バースデイ」が最も多く30店を出店しました。

2位 アダストリア 1351店

2位のアダストリアは27店増えました。「グローバルワーク」「スタディオクリップ」の出店が多かったようです。

3位 パルグループホールディングス 923店

3位はパルグループホールディングス。雑貨業態「スリーコインズ」の出店が目立ちました。

全体の傾向

この調査に対して、回答があったのは120社。店舗数は、合計で2万2641店となりました。15年度調査と比較可能な113社の合計は2万2529店で、152店増加したことになります。ただ、前年の調査では、368店増加していたことと比べると、出店の勢いは衰えつつあります。専門店の主要な出店立地であるショッピングセンターの開発が落ち着いたことや、ファッション消費の低迷、ECの普及で実店舗の拡大による成長が難しくなっているためです。

順位 企業名 16年度の期末店舗数
1 しまむら 2013店
2 アダストリア(連結) 1351店
3 パルグループホールディングス(連結) 923店

(繊研新聞17年8月17日付けから一部抜粋)

【ランキングの詳細は繊研新聞の本紙・電子版で!】

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング