【ファッション用語解説】「不織布」これ、読めますか?

  • 2018年03月13日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 282779480

「不織布」、皆さんこれ読めますか?素材の種類を表す言葉です。今日はこの「不織布」について紹介します。

「不織布」なんて読むの?

読み方は「ふしょくふ」です。織ったり編んだりしていない布状の素材のことを言います。

構造は多孔質(たこうしつ:表面に細かい穴がたくさん空いている)で、通気性、ろ過性、保温性などを基本的な性質として持っています。

目的や用途によって原料や製法を様々に組み合わせ、布、合成皮革、わた、紙といった形状にできる不織布は幅広い用途で活躍しています。

一般衣料品では、防寒衣料などの中わたや衣服の形を整える芯地、ユニフォームでは使い捨ての手術着や防護服にも使われており、急速に増えているのが産業資材用途で、自動車の吸音材や内装材、紙おむつなど衛生材料用途でも利用されています。

【関連記事】1分でファッションのお勉強!「布帛」って読めますか?

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    イベント一覧

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング