絶対にNG?就活面接に遅刻した場合の対処方法と5つのパターン別謝罪例文

  • 2017年08月28日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 job interview 2552411 1280

就活面接に遅刻しそう!万が一このような状況になったときに、どのように対処するのが適切なのか知っておきましょう。連絡はメールか、電話か、採用担当者にどのように伝えるべきか、謝罪の仕方などを説明します。また遅刻してしまったらもう望みはないのかな…という気になる点についても確認していきましょう。

目次

  1. 面接に遅刻しそう!まずは連絡しよう。
  2. 面接に遅刻してしまったら、選考に通過できないの?
  3. 想定できるトラブルは事前に回避するのがベスト
  4. 遅刻の理由別!謝罪の例文紹介
  5. まとめ

面接に遅刻しそう!まずは連絡しよう 

遅刻する理由が何であっても、遅刻しそうだと思ったら、まずは連絡を入れることが大切です。

電話で採用担当者に連絡しよう 

採用担当者は、当日の面接のスケジュールに合わせて準備を進めています。遅刻しそうな場合は、すぐに採用担当者に電話で連絡しましょう。

早めに家を出たとしても、トラブルに巻き込まれて遅れることも十分考えられます。面接の前日までに、当日の連絡先を自分のスマホに登録しておきましょう。

電話で伝えるべきこと 

電話で伝えることは

  • 遅刻する旨
  • 遅刻する理由
  • 到着時刻
  • 謝罪の言葉

の4点です。要点を簡潔に伝えましょう。

例文

9時から面接にお伺いすることになっております、(氏名)です。電車が遅れてしまい、約束の時間に遅れてしまいそうなので、ご連絡を差し上げました。大変申し訳ございません。9時30分にはそちらにお伺いできますが、面接時間を変更していただくことは可能でしょうか。

メール連絡は避けましょう 

面接に遅刻しそうな場合には、メール連絡は適切ではありません。何故なら、採用担当者がいつメールを読むかが分からないからです。もしメールを読んでもらえなかった場合、面接をキャンセルしたと見なされ選考から外されてしまう可能性があります。

そのため、遅刻する可能性が生じた時点で、遅刻する・しないに関わらず、電話で連絡を入れましょう。

面接に遅刻してしまったら、選考に通過できないの?

では、面接に遅刻してしまったら、選考には通過できないのでしょうか?採用担当者によって考え方が異なるようです。

「いかなる理由でも許さない」という採用担当者の言い分 

いかなる理由でも、遅刻するということは「何が何でもここで働きたい」という熱意が伝わらないため、志望度が低いと見なされる場合があります。「本当に第一志望なら、トラブルに巻き込まれる可能性も想定して早めに家を出たり、他社の選考を断ってでもうちに面接に来るべきだ」と考えるようです。

「場合によっては許される」 

就活真っ只中では、学生は多くの企業の選考を受けます。そのため、前の企業の選考が長引いてしまうことも十分に考えられます。また、交通機関の急な乱れや、慣れない土地での移動に戸惑うことも考えられます。そのため、理由次第では企業も臨機応変に対応してくれる場合もあるようです。

想定できるトラブルは事前に回避するのがベスト 

遅刻してしまう理由はいろいろ考えられますが、事前に対策すれば回避できることがたくさんあります。

もともと道に迷いやすい、地図が苦手

可能であれば、面接前に一度下見をしておくのがベストです。また、グーグルマップ等を使えば道の写真を確認できるため、目印になる建物や施設をメモしておくのも良いでしょう。

自分ではどうにもできない、交通機関の乱れ

早めに家を出ることが大前提ですが、天気の乱れや突然のトラブルにより、早く家を出たにも関わらず遅刻してしまう場合があります。突然のトラブルにも対処できるよう、あらかじめ交通手段を2~3個ピックアップしておくと良いでしょう。使う電車の路線を変えたり、タクシーを利用することで時間通りに到着できる場合があります。

前の企業の面接が長引いたことによる、スケジュールの狂い

就活中は、どの企業も一斉に面接を開始するため、面接の日程が重なりスケジュールがタイトになることも多々あります。タイトなスケジュールの中では、10分面接が長引いただけでも次の選考に遅刻してしまうこともあります。

面接当日は何が起こるかわかりません。そのため、タイトなスケジュールになりそうな場合は、面接の日程や時間帯を変更してもらうよう、採用担当者に相談してみましょう。スケジュール管理能力も、社会人に必要な要素です。

遅刻の理由別!謝罪の例文紹介 

遅刻の連絡はなかなか気が進まないもの。しかし、遅刻する可能性が生じたその時点で、迅速に連絡する必要があります。ここでは、遅刻の理由別に、電話連絡の時に使える例文をご紹介します。

道に迷ってしまった

10時に面接のお約束をしております、(氏名)と申します。道に迷ってしまい、お約束の時間に遅れてしまう可能性がありご連絡しました。事前の確認不足で、大変申し訳ございません。今タクシーでそちらに向かっておりますが、10分ほど遅れてしまうかもしれません。このままそちらにお伺いして面接をしていただくことは可能でしょうか。

交通機関が遅れた

10時に面接のお約束をしております、(氏名)と申します。人身事故の影響で電車に遅れが出ておりまして、お約束の時間に間に合わないようなのでご連絡しました。大変申し訳ございません。15分ほど遅れてしまいますが、このままそちらにお伺いして面接をしていただくことは可能でしょうか。

前の企業の面接が長引いた

3時に面接のお約束をしております、(氏名)と申します。他社での面接が長引いてしまい、お約束の時間に間に合わないようなのでご連絡しました。大変申し訳ございません。3時20分くらいの到着になってしまいますが、その時間から面接をしていただいてもよろしいでしょうか。

アルバイトが長引いてしまった

13時に面接を面接のお約束をしております、(氏名)と申します。アルバイトが長引いてしまい遅れてしまいそうなのでご連絡致しました。貴重な時間をいただきながら、お約束の時間に間に合わせることができず、大変申し訳ございません。13時20分くらいの到着になると思いますが、その時間から面接をしていただいてもよろしいでしょうか。

寝坊してしまった

本日、9時に面接のお約束をしております、(氏名)と申します。大変お恥ずかしいのですが、寝坊してしまいました。貴重な時間をいただきながら、このような理由でお約束の時間に遅れることになり、大変申し訳ございません。9時15分に到着する予定ですが、お伺いして面接をしていただくことは可能でしょうか。

まとめ

遅刻する可能性は、誰にでもあります。まずは、事前の準備で予測されるトラブルは回避するように努めましょう。それでも遅刻しそうなときは、ご紹介したような適切な対処を行いましょう。迅速に電話連絡をし、誠意のある謝罪の言葉を伝えましょう。あなたの対応次第では、印象アップに繋がることもあります。めげずに頑張ってくださいね!

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング