就活面接対策ココだけ!元・人事担当者が語るシーン別対策ポイントまとめ

  • 2017年08月14日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 3d194f227e0ea4020f722971e84596a0 m

就活について基本的な流れがわからない、何から始めればいいのかさっぱりわからないという悩みを持っていませんか?また、準備を進めるにつれ「圧迫面接にあったらどうしよう」「用意した回答を忘れてしまったらどうしよう」など、不安な気持ちが募りますよね。今回は、そんな悩める就活生のために、人事担当者が実際に面接でチェックされているポイントとその対策を紹介します。

 目次

  1. 一次・二次面接で評価されるポイント
  2. 一次・二次面接を突破するための対策
  3. 役員面接・最終面接で評価されるポイント
  4. 役員面接・最終面接を突破するための対策
  5. 就活中、圧迫面接にあってしまった時の対策
  6. 就活の面接で緊張して言葉が出てこなくなってしまった時の対策
  7. まとめ

一次・二次面接で評価されるポイント 

社会人としての基本的な資質が評価される

一次面接や二次面接では、きちんとコミュニケーションが取れることや、論理的に自分の意図を伝えられるかどうかという点を評価されます。採用担当者は、質問に対する就活生の答えの内容だけではなく、「話し方」や「話の組み立て方」までチェックしていると考えましょう。

また、身だしなみや基本的な所作もチェックされています。まだ学生とはいえ、就活をする以上は社会人としての身だしなみやマナーを守る必要があります。

これらは「社会人としてできて当たり前」のことであり、出来ているからといってプラスの評価がつくわけではありません。普段から論理的に説明する練習をして対策しましょう。

志望度や適性が評価される

一次面接や二次面接では、働く上で必要なモチベーション(志望度)や適性も評価されます。どんなに有能な人間でも、仕事に対するモチベーション(志望度)が低ければ生産性を高めることが出来ないため、本人も会社も不幸になってしまいます。そのため、就活生の仕事に対するモチベーションを確かめるため、「あなたの志望動機を教えてください」「弊社の魅力はなんだと思いますか」「入社後はどんな仕事をやってみたいですか」といった質問をされます。

それに加え、就活生の適性も大きく評価に影響されます。どんなに就活生のモチベーションが高くても、あまり向いていない、能力に不釣り合いな業務では本来持つ力を十分に発揮できず、この場合もまた働く当人と会社にとってマイナスに働いてしまいます。そうならないためにも、適性を見極めるために「あなたの強みを教えてください」「自己PRをしてください」「これまでもっとも辛かったことと、どのようにそれを乗り越えたのかを教えてください」といった質問をされます。

迷ったら通過させるのが、一次・二次面接

多くの応募者の中から、候補者を絞るのは至難の技。うっかり貴重な人材を逃してしまうことのないよう、一次面接や二次面接では「迷ったら通過させる」のが一般的です。「もう少し話を聞いてから決めよう」と思うのが、採用担当者の本音です。

一次・二次面接を突破するための対策

一次・二次面接を突破するコツは、何と言っても「準備」です。では、就活生は一体何をどのように準備して対策すればいいのでしょうか。

社会人としての基本的なマナーを身につけよう

入室から退室までの基本的なマナーや所作を、次の記事でもう一度おさらいしましょう。

最低限覚えておくべき就活面接のマナーとポイント

あなたの印象を決定づける!面接の入室から退室までのマナー【保存版】

熱意を伝える志望動機を伝えよう

熱意のこもった志望動機にするためには、「企業研究」と「自己分析」が欠かせません。徹底した企業研究で企業に関する情報を集め、その上で自分が企業で叶えたいことを伝えましょう。採用担当者の心に響く熱意のこもった志望動機に関しては、「心を掴む!新卒のための志望動機の書き方」をご覧ください。

企業の求める人材像と自分の強みを照らし合わせて自己PRをしよう

内定を得るためには、自分が企業の求める人材像に当てはまっていることが大前提です。そのため、企業研究の時に企業が求める人材像や、現在企業で活躍している人に関する情報を集めましょう。そして、自分の持っている強みや資質が、企業の求める人材像に当てはまるかどうか照らし合わせてください。そうして合致した部分を、採用担当者にアピールすると効果的です。

自己PRに関して詳しく知りたい方は、「【保存版】自己PRのシチュエーション別まとめ」もご覧ください。

役員面接・最終面接でチェックされるポイント

「最終面接なんて、ただの意思確認」というのは、もう過去の話。現在の採用現場では、役員面接や最終面接も選定段階であることを踏まえ、しっかりと対策をする必要があります。

社風に合っているか、一緒に働きたいかという観点から適性を評価される

役員面接で最も重要視されることは「一緒に働きたいかどうか」です。企業の採用面接は、大学入試のように学力だけでパスできるものではありません。そのため、どれだけ優秀な就活生でも「社風に合っていない」と判断された場合は、残念ながら落とされてしまうこともあります。

迷ったら落とされるのが、役員面接・最終面接

一次・二次面接と異なる点は、「迷ったら採用しない」ということ。

大学卒業後から定年まで企業で務めた場合の平均年収は、一人当たり約2億円と言われています。企業は、一人の社員に2億支払うことになるため、採用の際は「本当に適性があるだろうか」「長く働いてくれるだろうか」「この子が活躍できる場所がうちにあるだろうか」「会社に馴染むだろうか」など、あらゆる判断基準から慎重に応募者を選定します。

判断基準に満たない就活生が多く、当初採用を予定していた人数が集まらなかった場合は、秋採用や中途・第二新卒採用などで新たに求人を出します。

役員面接・最終面接を突破するための対策

上述の通り、役員面接や最終面接でも「落とされる」可能性は非常に高いのが現状です。内定を勝ち取るために必要な対策は、下記の2点です。

志望動機の精度をあげる

選考の最終段階の残った人は、どの応募者も基本的な基準はクリアしています。いわば、どんぐりの背比べ。そんな中で、他の就活生と決定的に差をつけて内定を勝ち取るためには「どうしてもこの企業で働きたい」という確固たる意思を伝える必要があります。

採用担当者も、モチベーションが高く熱意のある就活生を採用したいと考えているので「なぜうちの会社に来たいのか」という理由をあらゆる質問から引き出そうとします。選考の最終段階では、エントリーシートに記入した内容や、一次・二次面接で答えた内容から、さらにもう一歩踏み込んで「何が何でもこの企業でないといけない理由」を追求しましょう。

意思確認をされた場合は、迷わず「はい」と答えるのが鉄則

役員面接や最終面接で問われることのある意思確認の質問。

「今内定を出したら、就職活動をやめますか」
「同業他社とうちの両方から内定が出た場合、どちらに行きますか」

このような質問を受けたら、あなたの本音はどうであれ、迷わず「御社に入社いたします」と答えるのが鉄則です。どんなに素晴らしい志望動機であなたの熱意を伝えても「他社の選考もあるため、慎重に判断し決定したいと思います」と言ってしまうと「どうしてもここで働きたい」という思いが採用担当者に伝わらず、せっかくのアピールが水の泡になるからです。

第一志望でない企業の場合、罪悪感に苛まされるところではありますが、内定をもらえなければ入社先の企業を選ぶことすらできません。まずは目の前の内定を何としても勝ち取りましょう。

就活中、圧迫面接にあってしまった時の対策

ただでさえ緊張する就活の面接。そんな時、圧迫面接にあってしまった場合は、どのように対処するべきでしょうか。一生懸命話しているのに、面接官がため息をついたり、意地悪な質問ばかりする場合があります。このような態度を取られると、就活生でなくとも心が折れてしまいそうになります。

ここでは、圧迫面接の背景に隠れている3つの理由から、それぞれの対策を紹介します。

就活生のメンタル面の強さを試している

入室からいきなり聞く耳を持たない態度や意地悪な質問をするようなら、あなたのメンタル面の強さを試されている可能性が強いです。この場合は、面接官の態度に圧倒されず、面接官の目を見ながら落ち着いて質疑応答を進めましょう。

質問されていないことまで喋らないよう、簡潔に答えることが大切です。

何十人もの就活生の話を聞いているため、面接官が疲れている

また、本来あってはならないことですが、1日で何十人もの就活生と面接をして疲れてしまい、それが態度や言葉に出てしまう場合があります。この場合は、面接官が就活生を試そうとしているわけではないので、準備してきた通りにきちんと受け答えをすれば問題ありません。

面接官の疲れを倍増させない対策として、質疑応答の際は「自分の言葉で」「分かりやすく」「簡潔に」まとめるよう心がけましょう。

ありきたりな内容だったり、だらだらと落とし所のない話をする就活生側に問題がある

就活生の側に問題がある場合に、圧迫面接となってしまう場合も考えられます。

例えば、志望動機や自己PRが参考書を暗唱したような内容であったり、落とし所の見えない話を長々と聞かされると、面接官は「またこれか」「要するに何なんだ」と感じてしまい、結果として就活生を圧迫するような口調になってしまうことがあります。

このケースでは、準備の段階で就活生がつまずいている場合がほとんど。圧迫面接にあったら、「自分の準備の仕方に問題がなかったか」「自分の話は簡潔に分かりやすくまとまっているだろうか」「自分の言葉で話せているか」と自問してみましょう。友達や教授、家族に模擬面接をやってもらってもいいかもしれません。

就活の面接で緊張して言葉が出てこなくなってしまった時の対策

就活の面接は、誰もが緊張するもの。特に志望度が高ければ高いほど、緊張度合いもそれに比例して高くなります。採用担当者も、それは重々承知しています。緊張してしまった時の対策として、代表的な2つを紹介します。

深呼吸してみる

人は緊張すると、無意識のうちに呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると、脳の届く酸素の量が減ってしまうため、思うように頭が働いてくれません。

緊張した時は、働かない頭に頼ることは禁物。一度深呼吸をして、脳に酸素を送りましょう。そうすると、少し落ち着いて考えることができます。緊張しやすいと自覚のある方は、実践してみましょう。手軽な対策ですが、その効果は絶大です。

緊張で言葉が飛んでしまったことを素直に伝えるのも手

面接中、用意してきた答えが頭から消えてしまったり、言葉が全く出てこなくなってしまった時は、口から出まかせにしゃべるのではなく、素直に「すみません、とても緊張してしまい言葉が飛んでしまいました」と伝えましょう。

面接官によっては、落ち着くための時間をくれたり質問を変えるなど、何かしらの手を打ってくれる場合があります。

筆者が新卒の面接を受けていた時、緊張している旨を伝えたところ、面接官が「私たちも緊張しています。同じ気持ちなので、焦らずゆっくり考えてくださいね」と声をかけてくれました。この一言で、ずいぶん緊張が和らいだものです。

このように、コミュニケーションを取ることで解決できる場合もあります。素直に「緊張している」と伝えるのも、一つの策です。

まとめ

今回は面接官がチェックするポイントと面接突破のための対策を紹介いたしましたが、いかがでしたか?具体的に方法などについてもまとめましたので実践しやすいものが多かったかと思います。就活の面接では、事前の準備が大切です。それぞれの面接に備え、今回紹介した対策を実行して、ぜひ内定を勝ち取ってくださいね。

 

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング