就活スーツの選び方は? 色・柄・サイズで失敗しない着こなし教えます【レディス編】

  • 2017年08月30日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 196147970

皆さんは就活用のスーツを購入する際、何を基準に選んでいますか?一言でスーツと言っても様々な商品が展開されていますし、「就活スーツ」となると決まりが多くて難しそう、、そんなイメージはありませんか?

またスーツを着るとなると、ブラウスやパンプスなどコーディネートするアイテムがたくさん必要になってきます。いったい何を基準に選べばいいのでしょうか?

そんな就活生の皆さんのお悩みを解決すべく、今回センケンjobでは、「AOKI」や「ORIHICA」などを展開するスーツ専門店の、株式会社AOKIさんにお話を伺いました。

プロに聞いた、「自分に合ったスーツ選びのあれこれ」を、一緒に見ていきましょう。今回はレディススーツ編をお送りします。 

メンズ編はこちらから▶▶▶就活スーツの選び方は? 色・サイズで失敗しないためのマナー【メンズ編】

もくじ

  1. 基本をマスターして自分に合ったスーツを選ぼう!レディス就活スーツの“ポイント”はここ!
  2. 「黒」以外もあります!色の選び方
  3. 自分らしく着こなすための立役者!コーディネートアイテムで、就活スーツをきれいに着こなそう
  4. 2着目以降を選ぶ時は、ここに注目!就活スーツのおすすめバリエーション
  5. お手入れで清潔感を!簡単お手入れの方法
  6. これが原因かも!?就活スーツの着こなし失敗例!

基本をマスターして自分に合ったスーツを選ぼう!レディス就活スーツの“ポイント”はここ!

就活では第一印象がとても重要です。面接など、短時間で良い印象を与えるには、身だしなみが大きなポイントになります。

ジャケットのサイズが大きすぎたり、スカートの丈が短すぎたりすると、とても不格好でだらしなく見えてしまいます。どれだけ言葉で自分をアピール出来ていても、身だしなみがきちんとしていなければ、やはり印象はよくありません。

AOKIさんによると、スーツをきちんと着こなすには「まず自分の身体にきちんとあったサイズのものを着用すること」これがとても大切だと教えていただきました。

ではいったいどうやって、自分に合ったサイズのスーツを選べばいいのでしょうか?ポイントを見ていきましょう。

スーツのサイズは試着して決める

AOKIさんでは、就活用のレディススーツは、上下別々で販売されています。サイズのバリエーションも豊富で、3Sから3Lまで展開されています。(一部の商品は4Sから8Lまで展開)ジャケット、ボトムそれぞれに、自分に合ったサイズを選びましょう。

ではまずジャケットのサイズ選びから見ていきましょう。

試着したら、肩幅のサイズをチェック。首の付け根から肩先に掛けてしわが寄らず、身体にフィットしているかを確認します。袖の長さも自分に合っているかを確認しましょう。しわが寄っている場合には、サイズが小さい可能性があります。

レディススーツは、ジャケットのボタンは全て閉めて着用するのがポイントです。試着の際はボタンを閉めた状態で、前にしわが寄らないか、バストの辺りがきつくないかなど確認しておきましょう。

次に着丈です。ヒップの一番高い所を目安にしましょう。

スカートとパンツ、どちらを選ぶ?

レディススーツのボトムはパンツとスカートが選べるのが大きな特徴です。しかし、いったいどちらを選べばいいのでしょう?悩みますよね。

街中でよく見かける就活生はスカートを着用している人が多い印象を受けますね。スカートが主流ではあるものの、パンツスーツでも構いません。

自分自身で実際に試着してみて、自分はパンツの方が似合うなと思った場合にはパンツを選んでもよいのではないでしょうか?集団面接で、周りが皆スカートなのに自分だけパンツだと不安を感じる人は、スカートにした方が面接に集中出来るかもしれません。

ではまずスカートの選び方から見ていきましょう。

スカートの長さは、真っ直ぐ立った際に、膝の真ん中くらいに裾がかかる丈感が理想だと言われています。また、面接時など、着席した時の丈感も確認しましょう。椅子に座った際に、膝からこぶしひとつ分くらい上になる丈感が目安です。

レディススーツはサイズのバリエーションも多いので、慎重に選びましょう。スカートの丈は長い場合はお直しが可能なので、ウエストやヒップなどの着用感も重視し、いくつかのサイズを試着して比較してみるのもいいかもしれませんね。

パンツスーツの場合も裾の丈感がポイントです。裾が足の甲に少しかかるくらいの丈で合わせましょう。そうすると、合わせるパンプスのヒールの高さが3でも5㎝でも、バランス良く着用出来ますよ。

就活は、面接官などの相手がいるものですから、自分で確認するだけでなく、販売員さんにチェックしてもらうのがおすすめです。

「黒」以外もあります!色の選び方

次に色を見ていきましょう。

街中で見かける就活生はほとんどが「黒」を着用していますよね。

AOKIさんでは「黒」と「濃紺」の2色を展開しています。「黒」を選ぶ人が多いですが、次いで「濃紺」も人気です。「『濃紺』は『黒』よりも優しい印象を与える」のだとか。AOKIさんの店頭に並ぶ「濃紺」は、一目見ただけではほとんど「黒」と違いはありませんが、並べて比べて見ると確かに自然で優しい印象に見えました。実際に試着し、自分自身で鏡を見て、しっくりくる違和感のない方の色を選んでみましょう。

レディスのキャリア向けスーツでは、ベージュやライトグレーもありますが、就活では「黒」か「濃紺」が基本です。

また、就活スーツにおいては、ストライプなどの柄物ではなく、無地のタイプが基本です。形も、レディスではノーカラーのジャケットもありますが、就活では襟のある一般的なテーラードタイプを選びましょう。

自分らしく着こなすための立役者!コーディネートアイテムで、就活スーツをきれいに着こなそう

ここからは、レディススーツに合わせるコーディネートアイテムについて見ていきましょう。

ブラウスやストッキングなど様々なアイテムがありますよね。それぞれどの様なポイントがあるのでしょうか。

1.ブラウス

まずは着こなしの中心アイテム、ブラウスから見ていきましょう。

ブラウスは、長袖で無地、色は白というのが基本です。シンプルでデザインのないシャツカラーかスキッパーカラーを選びましょう。

シャツカラーのブラウスは、だらしなく見えないよう一番上までボタンを留めましょう。ボタンがないスキッパーは、襟を外に出して着用すると、首回りがすっきり見えます。

首元がV字型に開いたデザインをスキッパーカラーと言う

「説明会程度ならギャザーなどデザインの少し入ったブラウスでも問題ないと思いますよ」とAOKIさん。しかし不安な場合は、デザインのないシンプルなブラウスを選びましょう。

ブラウスもしっかり試着し、ジャケットと合わせて着用した際に、窮屈ではないか確認しておきましょう。サイズの選び方としては、ジャケット同様しわの有無などを確認するほか、バスト周りに多少余裕のあるものを選ぶのがポイントです。

次に、袖の長さについてです。レディススーツの場合は、ジャケットから、ブラウスの袖端が表に見えないのが理想的です。なので暑い時期は七分丈のものでも問題ありません。

ただし、「長袖の方が、汗をかいた肌がジャケットに直接触れる際の不快感を防げます。また、ジャケットが汗を吸収して生地が傷むことを防ぐ上でも長袖がおすすめです。」とのことです。

2着目以降を選ぶ時は、ここに注目!就活スーツのおすすめバリエーション

ではスーツを2着目、3着目と購入する際にはどんな点に注目すればいいのでしょうか?AOKIさんに、おすすめの選び方を伺いました。

就活スーツの場合は、社会人などのスーツと比べて着用期間が短い割に着用回数が多く、毎回同じスーツを着ていると生地などが傷んでしまいます。「スーツを長持ちさせる為にも、2着以上のスーツをローテーションで着用して休ませてあげることが大切です」とAOKIさん。一つのジャケットに対してお揃いのパンツとスカ―トを両方持っておけば、面接時に印象を変えることもできますね。

1着目に「黒」を購入した場合には2着目は「濃紺」といった風に、異なる色を選ぶ人も多いそうです。

「面接が進んで何度も会っている面接官に対しても、ずっと同じ色のスーツを着用しているよりどこか新鮮な印象を与える事ができますよ」と、AOKIさん。

また機能面で検討するのもいいかもしれません。

AOKIさんでは、就活生にアンケート調査を実施し、例えばウォッシャブルと言われる洗濯機で洗えるものや、ストレッチ性のあるもの、通気性の良いタイプなど、就活生が就活スーツに求める機能性を多く取り入れた商品なども販売されています。

店頭には「オールシーズン用」と言われる年中着用出来るスーツのほか、夏は通気性の高いスーツも販売されています。購入のタイミングや、求める機能性を考慮し、1着目とは異なったタイプのものを選ぶのが良いかもしれませんね。

究極の就活スーツ®レディースの機能一覧

お手入れで清潔感を!簡単お手入れの方法

では、お手入れについて見ていきましょう。お手入れなんて苦手だし完璧にやるのは辛い、、と思った方も安心してください!AOKIさんに、とても簡単でわかりやすいお手入れの方法を、教えていただきました。クリーニングにすぐに出せない時も、日頃のお手入れでスーツを長持ちさせましょう。

AOKIさんのお手入れ方法

1.型崩れしないよう、スーツに合ったハンガーに掛けましょう。ジャケットは肩幅に合ったハンガーに吊るし、パンツはセンタープリーツをきっちり揃えてウエストを下に、裾を上にしてハンガーにかけます。スカートもきっちりボトム用のハンガーでウエストを止めましょう。

2.ブラシをかけてスーツに付着したホコリを取ります。その日についた汚れは、その日のうちに取っておきましょう。

3.霧吹きを使って、座りじわなどの細かいしわを伸ばします。おすすめなのは「スプレータイプの消臭剤」。しわを伸ばすことと汗などの消臭を合わせて出来るので、とても便利ですよ。

※アイロンを使用する場合は、スーツに直接当てることは絶対にやめましょう。生地のテカリの原因になってしまうからです。スチームなどを使用し、当て布をするようにしましょう。

どれも、そんなに難しいことではありませんよね?着用したあとは、しっかりお手入れしてあげましょう。

これが原因かも!?就活スーツの着こなし失敗例!

AOKIさんに、就活生のよくある着こなしの失敗例も伺いました。どんなところに気を付ければよいのでしょうか。

レディスならではの失敗としては、ブラウスの襟元にファンデーションが付いている、ストッキングの伝線や汚れ、パンプスのヒールがすり減っているといったケースがあるのだとか。面接の前にはチェックすることが大事ですね。

いかがでしたか?就活スーツには気をつけるポイントがたくさんありますね。就活スーツは、社会人への第一歩です。このスーツの基本をマスターして、自信を持って就活に挑みましょう。見た目に自信が付けば、気持ちにも余裕が生まれますよ。

皆さん、基本を覚えて、素敵にスーツを着こなしましょう!

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング