【社員クロストーク21'-22'】-ジュン編- 「ジュンで働いている人って、みんな温かくて優しいですよね!」

  • 2020年03月30日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416               98

先輩と後輩、同期入社の仲間。尊敬やあこがれ、良きライバル同士の友情など、さまざまな思いを交えて、ファッションの仕事や会社の魅力を語ってもらう【社員クロストーク】。

今回は、自社ブランド「ロペ」「ジュンレッド」などを展開する株式会社ジュン編です。

【社員クロストーク】

▼臼井裕美さん

アダム エ ロペ 都内店舗勤務 2017年入社

昨年、お客様の心に残る感動的な接客を行ったショップスタッフとして、年に4人しか選ばれない“チャールズ・チャップリン賞”を受賞した

▼髙波朋佳さん

ロペ ピクニック 都内店舗勤務 2017年入社

アパレルのアルバイトで接客の楽しさを知り、ファッション業界へ。4月にサブショップマネージャーに就任。スタッフ教育に力を入れている

◇ ◇ ◇

髙波 臼井さんがジュンに入った決め手はなんでしたか?

臼井 私は会社説明会に行ったときに、人事の方から伝わってくる温かさや優しさが一番のポイントでした。

髙波 私も似ていて、面接の時に面接官から感じた人柄に魅力を感じて入社を決めたんです。

臼井 人事の方だけでなく、本社も店舗も関係なく、本当にみんな優しいですよね。

髙波 どのスタッフからも後輩を育ててあげたいという気持ちが伝わって来るので、安心して働けます。

臼井 髙波さんは「ロペ ピクニック」を担当していますが、販売のどんな所にやりがいを感じていますか?

髙波 シンプルな服が多く、幅広い年齢のお客様がいらっしゃるので、接客の難しさと共に刺激を受けています。お客様に「ありがとう」と言われて、私も感謝の気持ちでいっぱいになった時に感じる心のつながりがやりがいです。

臼井 お客様の声を直接聞けるところが接客の魅力ですよね。ジュングループではお客様の声をいただく〝サンキューカード〞というものがあるのですが、帰宅されたお客様が時間を割いてネットを通じて書き込んでくださるものなので、また違ったうれしさを感じます。

髙波 私は4月にサブショップマネージャーになったので、接客以外にもスタッフの教育や店長のサポートなども頑張っています。勤務している店舗がファッションビルに入っているので、店舗に足を運んでもらうきっかけとして、ビルのハウスカードのご紹介も積極的に行っています。

臼井 接客以外のお仕事としては、店舗の雑貨スペースのVMDや、週に1度クリエイティブチームが作ったサンプルを試着して、着心地やサイズ感の感想を伝えるフィッターも担当しています。お客様から聞いたお声をものづくりに生かすことができるのは楽しいですよ。

髙波 キャリアアップはどう考えていますか?私は将来人事を目指していて、ジュンらしい人の温かさで悩んでいる新卒の方をサポートできればと思っています。

臼井 すてきな目標ですね。私はまだ将来は決めていないのですが、接客のスキルをアップしながら、後輩たちの成長の手助けをしたいです。お互い頑張りましょうね!

【会社名】株式会社ジュン

【事業内容】自社ブランド「ロペ」「ジュンレッド」などのレディス・メンズファッション製品全般の企画・製造・販売等

ファッション、フード、フィットネスの三つを融合しながら、合言葉である“YOU ARE CULTURE.”を掲げ、文化を創る事業を展開している。

≫≫ジュンについてのもっと詳しい情報はこちら!

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング