ハイロジックの「リブラ」 藤田染苑の藍捺染オーガニック綿でランジェリー

  • 2021年03月29日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416

「花の命を着る。」をコンセプトに作るハイロジック(東京、小森優美代表)の草木染のランジェリーブランド「リブラ」は、藤田染苑(京都市)が開発した藍捺染を活用したプリントのオーガニックコットンランジェリーを作った。3月31日まで予約販売している。 

「BOTAN」と「VIOLA」の2柄あり、プリントには藍、エンジュ、アカネ、マリーゴールドなどの植物、のりにはセルロース系のりとグアガムを使用した。素材はQRコードで履歴が確認できる「ビオリプロジェクト」のオーガニックコットン100%。ブラジャー6980円(税込み)、ショーツ4980円。

リブラのECサイトで予約を受け付けている。商品の発送は5月下旬の予定。

「VIOLA」柄のブラジャーとショーツ

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング