【用語解説】「ファクトリーブランド」を学ぼう!高品質で割安

  • 2017年12月04日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 756045607

「ファクトリーブランド」って聞いたことありますか?直訳すると「工場のブランド」となりますが、実際にはどんな特徴があるのでしょうか?今回はこの「ファクトリーブランド」について紹介します。

ファクトリーブランドとは、工場(ファクトリー)で生産されているブランドのことを言います。

1980年代後半、欧米で高級ブランドの生産を任されている工場が自前のブランドを売るようになりました。

有名ブランドのタグがない分、高品質の衣服が割安に買えるイメージが先行しましたが、工場自体の物作りの技術に加え、デザインや着心地も良い商品が増え、工場が作った商品の価値が市場でも認められるようになったのです。

1990年代に、特にメンズ市場でイタリアのクラシックなスーツがブームとなり、製品を製造する技術を持つ工場のブランド化も加速しました。

ウエアのほかバッグや靴もあり、日本でも繊維や皮革産地などを中心に増えてきています。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング