アパレル企業のエントリーシートの写真~私服の場合ってどんな格好をしたらいいの?~

  • 2017年08月07日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 0efc23b95ec7319669bf06b07f9bc264 m

目次

  1. アパレル企業のエントリーシートで私服写真を求められる理由
  2. アパレル企業のエントリーシートに貼る私服写真NG例
  3. エントリーシートの私服コーデ写真は応募するアパレル企業のブランドをイメージしよう!
  4. エントリーシートの私服コーデ写真は明るい開けた場所がおすすめ!
  5. エントリーシートの私服コーデ写真のポーズは自然体を意識して!
  6. エントリーシートの魅力的なアパレル企業提出用の私服コーデ写真の例   

アパレル企業のエントリーシートで私服写真を求められる理由

アパレル企業に応募すると、多くの場合提出を求められる「私服写真」。モデルのお仕事でもあるまいし、なぜ必要なのだろう?と疑問に思う方も多いはずです。

アパレル企業で働く人、とりわけショップにいるファッションアドバイザーは、ファッションのスペシャリストとしてお客様にアドバイスする立場にあります。そのためアパレル企業の採用担当は、応募者が「どんなファッションセンスをしているのか」「うちのブランドイメージと合っているか」「どんなことを意識してコーディネートしているのか」など、ファッションに関する様々な点を私服写真から判断したいと考えています。

アナウンサーやモデルの採用ではないので、顔やスタイルの良し悪しよりも、コンプレックスをどのようにファッションでカバーしているか、自分の体型に合うファッションをしっかり研究できているかという点がチェックのポイントになります。

アパレル企業のエントリーシートに貼る私服写真NG例 

露出が多かったり、ボディラインがあまりにも強調されているのは論外ですが、それ以外にもNGポイントがあります。とても初歩的なことですが、意外と見落としがちな3つのポイントを紹介します。

体の一部が切れている

意外と多いのが、頭のてっぺんやつま先が途切れてしまうパターンです。全身写真の場合、採用担当者は髪型や靴も全て含めてトータルコーディネートをチェックしたいと考えています。そのため、友人や家族に協力してもらい全身が映るように撮りましょう。

一人で撮る場合は、カメラを固定してセルフタイマー機能を使うと良いでしょう。

表情が硬い

いくらコーディネートが完璧でも、表情が固ければ魅力的に写りません。「この学生に会いたい!」「こんな人と一緒に仕事がしたい!」と思うような、明るい表情を心がけましょう。

照明が暗くて、コーディネートや表情がよく見えない

最後に、部屋の照明が暗くて洋服の色味や表情などコーディネート全体が見づらいことがしばしばあります。自宅や狭い室内で撮ると、どうしても照明が暗くなりがちです。照明が暗いと、全体が暗い印象になってしまうためおすすめできません。あなたの魅力をアピールするエントリーシートにふさわしい、明るいフレッシュな印象になるよう、明るい場所で撮りましょう。

エントリーシートの私服コーデ写真は応募するアパレル企業のブランドをイメージしよう!

応募するアパレル企業や仕事のイメージに合うコーディネートを選ぶことがポイントです。取り扱っている商品やブランドのイメージを調べると、テイストが掴めると思います。全身のバランスを考えることも大切ですね。ナチュラルなメイクと笑顔も忘れずに。服のイメージが一致するお店のアパレル店員さんにアドバイスを受けることもおすすめします。

サンダルやだらしなく見えるホットパンツなどのラフなスタイルや、高級ブランド、ダメージ加工のあるジーンズなどは避けましょう。

エントリーシートの私服コーデ写真は明るい開けた場所がおすすめ! 

狭い室内や蛍光灯のしたではなく、大学のロビーやラウンジなど、少し開けた明るい場所や、晴れた日に屋外で撮りましょう。白い背景の場所だと、光を集めるため写真全体が明るく写るのでおすすめです。

また、エントリーするアパレル店舗が見える場所で撮影しても良いでしょう。「うちに応募するためにわざわざ撮ってくれたんだ」と、嬉しい気持ちになる人事の方もいらっしゃるようです。

エントリーシートの私服コーデ写真のポーズは自然体を意識して! 

ピースをしたり、手で顔が隠れてしまうのはNGです。また、モデルではないので過度のポージングも避けたほうが良いでしょう。

直立不動にならないよう、両手は自然に下におろすか、腰に軽く添えましょう。手持ち無沙汰になってしまい落ち着かない場合は、バッグや小物を持つのもおすすめです。

これで完璧!エントリーシートの魅力的なアパレル企業提出用の私服コーデ写真

出典:http://wear.jp/doorswomens01/3275363/

全身がきちんと写っていて、コーディネートがよくわかるような明るさになっており、とてもよく撮れています。何より、にこやかな表情が素敵ですね!一緒に働きたい、この学生に会いたいと思わせるような1枚に仕上がっています。

まとめ

アパレル企業の採用担当者は、私服写真で、応募者のファッションセンスと自社や自社ブランドとのイメージが一致しているかどうかを確かめたいと思っているはずです。できるだけ多く撮ってベストな一枚を提出しましょう。

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    イベント一覧

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング