【センケン企業研究所】「ここには、自由な空気と限りない未来がある」ーフレックスジャパン編ー

  • 2020年05月15日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416                2020 04 07t125636.062

ひとくちにファッション業界といっても、そこには、さまざまな業種・業態があり、多種多様な仕事が存在します。

このコーナーでは、センケンスタッフがアプローチの異なる企業を徹底取材。その魅力を紹介します。

今回は、フレックスジャパンを徹底取材しました!

■ここには、自由な空気と限りない未来がある

―みなさんがフレックスジャパンに入社した理由を聞かせてください。

櫻井 中学生の頃からファッションが好きで、前職は東京都内のセレクトショップでストアマネージャーを務めていました。結婚を機に長野県に転居することになり、就活中に出会ったのが当社でした。それまでインポートブランド中心の会社で働いていたので、日本のファクトリーブランドに興味があったこと、さらに企業訪問の際に感じた、壁のない、風通しの良い社内の雰囲気にひかれて入社しました。

寺島 私は上田市の出身です。櫻井さんと同じように、中学生の頃にファッションに興味を持ち、東京の服飾専門学校に進学しました。服を作る技術職を目指して就活を行い、社内の雰囲気の良さと世界に通じるブランドバリューを誇る点に魅力を感じ、入社しました。

田中 私は千曲市の出身です。県内の短大で生活環境を学ぶ中で、ファッションに興味を持つようになりました。フレックスジャパンに入社したのは企業の合同説明会で出会った先輩社員の温かい人柄と、社員同士が醸し出す楽しそうな雰囲気にひかれたから。服装も自由で、のびのびした空気感も魅力的でした。

第二事業本部 レディス企画生産チーム 田中千晴さん 2013年入社

―現在の仕事内容と仕事の楽しさ、やりがいについて聞かせてください。

櫻井 私は海外事業の一翼を担うプロダクションセンターで、海外工場の生産管理を担当しています。当社はアジア各国に生産拠点があり、そこに向けた資材調達や生産指示・調整、完成した製品の納入など、生産プロセス全体のコントロールが私のミッションです。日本における海外工場の管制塔のような役割ですね。英語を使ったコミュニケーションの機会も多く、日々勉強の連続ですが、世界を舞台にハイクオリティな物作りに携わっていることに、大きな誇りとやりがいを感じています。

寺島 私は本社工場でオリジナルブランド「JATTS(ジャッツ)」をメインに、多様な製品の生地の裁断(型入れ)を担当しています。型入れとは、パターンを確認しながら、前身頃、後ろ身頃、袖、付属品など、オーダーアイテムの各パーツを生地幅内に、効率良く組み合わせて裁断する工程のこと。型入れにはCAD(コンピューター支援設計)を使い、オーダーされたお客様の体形やサイズに合わせた緻密な計算が求められます。私も日々勉強の連続ですが、仲間や先輩たちと、こだわりの一着を作る毎日に大きなやりがいを感じています。

本社工場 生産課寺島大晴さん 2018年入社

田中 私は入社以来、全国に店舗を展開するアパレル専門店に向けた、レディスシャツやブラウスの営業を担当しています。お得意先に商品を提案し、価格や納品数を決めて、海外工場へ生産を依頼し、納品手配まで行っています。

その中で、シーズンごとに行う商品の提案は、特に緊張する業務です。トレンドや消費者の嗜好を読み、デザインや素材を考え、商品サンプルや資料を作成して、プレゼンテーションを行います。

私は営業を担当する前は、商品企画や生産管理の仕事に携わっていました。そのとき身に着けた素材や縫製に関する基礎知識をプレゼンテーションやお得意先へのアドバイスに役立てています。当社では〝より良い製品を作りお客様に喜ばれたい〞という思いを中心に、あらゆる部門が連携して仕事に取り組んでいます。そんなつながりを実感するとき、この会社の一員であることに誇りを感じます。

―社内の雰囲気や環境・制度・福利厚生などの魅力は?

櫻井 充実した福利厚生は当社の自慢です。また、企業型年金など、社員の将来を考えた取り組みもしっかり行われており、働きやすい環境や制度づくりにも注力しています。フレックスジャパンは、安心して、長く働き続けることができる会社だと思います。

プロダクションセンター 櫻井太河さん 2019年入社

寺島 風通しの良い、何でも気軽に話し合える雰囲気も魅力です。また、本社工場では、若手社員が毎月一回集まり、業務改革について話し合う機会を持つなど、働く環境をより良くするために誰でも自由に意見やアイデアを発言できる場もあります。フレックスジャパンは、若手社員の成長と働きがいを大切にしてくれる会社だと思います。

田中 女性が働きやすい環境であることも魅力です。産休・育休制度はもちろん、産休後の復帰もスムーズ。時間短縮勤務や子供の急病時なども休みが取りやすく、会社と社員みんなで子育てやライフプランをバックアップくれます。

―みなさんの将来の目標・キャリアプランについて聞かせてください。

櫻井 海外における新店舗の立ち上げや新規に参入する国の開拓にチャレンジすることが目標です。

寺島 私は工場のあらゆる部門で経験を重ね、当社を代表するパタンナーに成長したいと考えています。

田中 営業職の経験を生かし、直営店のお店づくりにも挑戦してみたいと考えています。生産、営業、販売まで、多様な仕事にチャレンジできることも魅力ですね。

■研究所MEMO

ー多種多様な顔を持つ会社

フレックスジャパンは、製品の企画、デザイン、生産、営業、販売、海外事業まで、一貫して推進。メーカーや小売だけでなく、商社機能も有するスケールの大きい仕事が魅力。想像を超えた未来が待っている会社だ。

ー多彩なオリジナルブランド

スポーツファブリックの技術を応用した「Hybridsensor」やシャツの生地で作ったジャケット「JATTS(ジャッツ)」など、多種多様なオリジナルブランドの開発も盛んに行われていることもフレックスジャパンならでは。

フレックスジャパンの企業情報はこちらから

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング