【キャンパス訪問】東京家政学院大学現代生活学部現代家政学科 「社会とファッションの結び付きを教育」

  • 2019年12月27日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 eyechatch

今回は、ファッションに関係のある様々な大学の学科や学部についてご紹介していきます。

【関連記事】【キャンパス訪問】日本経済大学経営学部芸創プロデュース学科、ファッションビジネスコース 「ビジネスに応用できる感性を実践的に」

第二回目となる今回ご紹介するのは、1923年、社会の基礎単位である家庭生活の質を高め、社会生活を豊かにする学問として家政学を確立し、家庭を運営できる家庭人を作る目的で創立された東京家政学院大学現代生活学部現代家政学科です。衣食住の総合教育を行い、衣については家政学部家政学科家政学専攻で、1級衣料管理士の育成も担ってきました。

9年前に家政学部を現代生活学部に改組し、現在は人間栄養学部との2学部5学科で編成。現代生活学部は①現代家政②生活デザイン③食物④児童の4学科から成る。被服の素材や創作は主に生活デザイン学科で教育されています。一方、地域社会や経済、生活文化、地球環境まで広い視野を持って衣食住を総合的に教えるのが現代家政学科。持続可能な社会や豊かな生活のために、現代生活の中でファッションの果たす役割を教えています。

現代家政学科は1学年約140人で、常に定員を上回る志望者がいる最多学科。総合家政、衣、食、住の4領域から各自の興味・関心に合わせて好きな科目を履修でき、幅広い力を身に着けられるため、卒業後の進路も多様な点が特徴です。

衣の領域は世界や日本の服飾、ファッション販売論、若者ファッション論など、社会との関わりを学ぶ科目中心に構成。学生も消費者として楽しんでいるファッションを学びたい人が集まり、毎年、30人ほどがファッション系ゼミを専攻。卒業研究では隔年で、街頭調査で都心と近郊のファッションを比較する学生もいます。今後も意欲的に社会と結び付き、より良い生活について考え、発信できる人材を輩出していきたい考えです。

卒業研究でストリートファッションの比較に取り組む学生も

【学校メモ】

所在地:東京都千代田区三番町22

電話番号:03-3262-2257

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング