【徹底解剖!なぜこの企業に学生が集まるのか?】=マッシュホールディングス編= コンセプト・こだわり・想いを伝え続ける熱量に惹かれる

  • 2020年05月20日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416                11

 ファッション業界の中で学生の皆さんが志望して止まない企業を特集します。今回は、マッシュホールディングス編。

 その人気の秘密はどこにあるのでしょうか?規模・業態・取り組み・理念・社風・制度など、さまざまな方面から、学生たちが何に魅力を感じているのかを徹底解剖します!

 アパレルだけでなく、コスメやスポーツ、飲食など幅広い業態を持つマッシュホールティングス。業界内でもいち早くウェルネス、サステイナブルな取り組みを始めたり、マッシュパークプロジェクトなど、社会貢献活動も積極的に行っている。

お客様だけでなく、周りのスタッフにも幸せを届けるという想いがあるから、自然と笑顔で働くことができる 

■人々に幸せを届けるための幅広い事業展開

〝私たちの発想を形にし、人々に幸せを届ける〞という企業理念と、不変のベーシックスローガンである〝ウェルネスデザイン〞。この二つに基づいて全ての事業を展開しているマッシュホールティングス。ファッション、ビューティー、フード、スポーツなど手がけている事業は多岐にわたる。昨年には、肌に触れる99・9%が天然の和紙という新素材〝WASHI FABRIC®〞を使った肌着ブランド「アンダーソンアンダーソン」のデビューなど、新たなブランド開発にも積極的だ。

 マッシュは、ファーフリー(リアルファーの不使用)やエコ・リサイクル素材を使ったサステイナブルな店舗など、業界の中でもウェルネス、サステイナブルを推進するリーディングカンパニーとして知られている。「ファッションを勉強されている方やビューティーに興味がある方は、特にウェルネス・サステイナブルな取り組みに共感いただいていると感じています」と採用担当は語る。

使われなくなった蛍光灯の廃材を使ったエコ・リサイクル素材を多用した店舗

 もう一つマッシュが手がける社会貢献として注目を集めているのが、マッシュパークプロジェクト。年に一度、本社を一般開放して行う参加型のチャリティーイベントで、2020年には売り上げから計上した寄付金をもとに、東日本大震災で津波による大きな被害を受けた宮城県女川町に公園を寄贈することになっている。会社の利益だけでなく、社会に大切なことは信念を持って進めていくという姿勢も学生から支持される要因の一つだ。

2020年に寄贈予定の公園“マッシュパーク女川”。彫刻家の高田洋一氏が遊具デザインを手がける

■コンセプトが明確だからブランドの魅力が増す

「スナイデル」「ジェラートピケ」「リリーブラウン」など、学生たちからも人気のブランドを擁するマッシュ。その人気の要因は、風化しないブランドコンセプトと〝想い〞と〝こだわり〞を持って、商品作りをしていることにある。特にこだわっているのが〝捨てられないものづくり〞。長く着てもらえる、宝物になるような一着を作り出すことに力を入れている。

 さらに、「マッシュでは、原価を元に商品の値段を決めるのではなく、お客様にとってありがたみがあるかどうか、という視点で価格を決めています」。業界の常識にとらわれないその発想力こそが多くのファンの心を掴んでいる秘訣だ。

■仕事にも情熱とこだわりを持って働く姿に憧れる学生が多い

 マッシュで働いている社員を見ると、共通して感じられるのが、常に創造的な仕事をする意識を持っていること。通常、年間の仕事の中でやらなければならない仕事はどうしてもルーティンになりがち。しかしマッシュの社員はそのルーティンの中でも仕事を作業にせずに、さらに良い物を作るにはどうしたら良いのかを考え、アップデートできる人ばかりだ。

 創造的な仕事はやりがいを生むだけでなく、モチベーションも高めることにもつながる。「マッシュには情熱的な人が多いですね。自ら燃えることができる人、隣の人が燃えていたら一緒に燃えて、仲間たちと頑張れる人がたくさん集まっています」と社員は話す。

 自分たちの利益だけでなく、お客様や同僚、取引先などマッシュに関わる全ての人に対して幸せを届けることを大切にしながら働くスタッフは、自然とポジティブな笑顔であふふれている。その笑顔は、マッシュの想いやこだわりのものづくり、創造的な仕事の取り組みなどに共感し、実行できているからこそ生まれるのだ。その生き生きと働くスタッフに憧れる学生が年々増え続けている。

人気な理由

①ウェルネス・サステイナブルを通して社会に貢献するリーディングカンパニー

②こだわりのものづくりでお客様の宝物になる一着を作り出すブランド

③生き生きと、創造力を持って仕事をするスタッフの魅力

新入社員インタビュー

研修制度も充実。やりがいあふれる毎日

スナイデル都内店舗勤務 ショップスタッフ

 学生時代からマッシュのブランドが好きだったことがきっかけで、マッシュに入社しました。

 入社してから1年間は月に1度研修があり、未経験でもしっかり学ぶことができます。また、別店舗で働く同期と近況を報告し合い、刺激をもらっています。シスター制度もあり、同店舗の先輩が優しく気軽に相談に乗ってくれるので働きやすいですね。

 マッシュの洋服は可愛いのはもちろん、環境に優しい素材を取り入れるなど、お客様に自信を持ってお勧めできるアイテムがたくさんあります。毎日の接客の中で、「ありがとう」と喜んでいただけることが一番のやりがいです。

≫≫マッシュホールディングスの企業情報はこちらから

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング