【ファッション用語解説】 もこもこ「ボア」の語源はへび?

  • 2017年12月29日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 b264a566a0c603b909e29cbcf36f2a39

冬のシーズンになるとなくてはならないアイテムである「ボア」。正しい意味を知っていますか?今日は「ボア」について解説します! 

「ボア」の語源とは?

英語では、boa。羊やプードルの毛並みを思わせる、もこもことした毛羽で覆われた編み地のことを言います。

ボリュームがありながら軽量で暖かく、襟や袖、アウターのライナーなど部分的に使われることが多いですね。

こんな風に裏地に使うパターンもありますね(「デコイ・シンス1981」)

製法はパイル編み。パイル糸を編み込み、ループ状になったパイルの上部をカットし、長く毛羽を立たせます。

ポリエステル、アクリルが主流ですが、17~18年秋冬はウールや獣毛を混ぜ、より毛皮に近い風合いに仕上げたものもあります。

元々は毛皮を使った婦人用の細長いストールを指す名称で、南米の大蛇であるボア(ラテン語)を巻きつけたような見た目に由来しています。

 

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング