「あこがれの企業、おじゃまします。」エイ・ネット編  真摯な姿勢で価値あるモノを作り、人々の心を豊かにしたい

  • 2018年03月13日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 anet01

ファッションのお仕事に興味津々な学生が、あこがれの企業を訪問!経営者や第一線で活躍する先輩社員に企業の特徴や、ファッション業界の魅力、仕事のやりがいなどを伺いました。

■真摯な姿勢で価値あるモノを作り、人々の心を豊かにしたい

株式会社エイ・ネット 代表取締役 大滝雄一郎社長
入社以来、販売、営業、広報、商品計画などの部門を経験。2016年7月、代表取締役に就任。創造と挑戦を核に、より強い企業を目指している。

学生 学生時代の経験で社会に出てから役立ったことは何ですか?

大滝 ひとつはロンドンへの留学を通じて、世界の人々の価値観を理解できたこと。このときの経験が入社後、海外の方と仕事をする際に役立ちました。もうひとつは、ダブルスクールの経験です。昼は大学、夜は服飾の専門学校で学びました。専門学校でモノ作りへ情熱を注ぐ仲間と出会い、刺激を受けたことがアパレル業界を目指すきっかけになりました。

学生 御社の特徴や強みについて教えて下さい。

大滝 エイ・ネットは現在6つの異なるブランドを運営しています。そのすべてにおいて、私たちが、最も重視しているのは〝オリジナリティ〞です。物や情報が溢れる今、私たちが創るべき本当に必要な価値とは何かを模索しながら、日々真摯にモノづくりに取り組んでいます。当社ではデザイン、パターンなどの商品づくりのほとんど全てを自社で行い、お客様に届けるショップスタッフも正社員です。創るところから届けるところまで一貫して行うことで、職種を越えて全スタッフが、同じ想いでベクトルを合わせ、仕事に邁進する。このような文化がオリジナリティを生み、私たちの強みになっていくと思っています。まだまだ道半ばで、失敗や苦労も多いのですが、こうして創りあげたオリジナリティ溢れる商品を通じて、お客様にワクワク感や楽しさを届け、日々の生活を豊かにしたい。これが私たちの仕事であり、私たちの喜びです。

学生 御社の社風は?

大滝 意欲的に仕事に取り組む若手社員にチャンスや権限が与えられる会社です。新商品のデザインや販促のアイデア、VMDの提案など、良いものは、積極的に採用する。これが当社の社風です。

学生 御社の求める人材像は?

大滝 「情熱」「実行力」「コミュニケーション力」を備えた方です。仕事に対する情熱がなければ、何かを成し遂げることはできません。つぎに、情熱があっても、それをカタチにしていく実行力がなければ何も生まれません。また、仕事は、さまざまな人間と協力しながら取り組むものです。そこには、他者を尊重し、自分の考えや思いを伝えながら、より良いものを共に創造していくコミュニケーション力が不可欠です。

逆井さん、髙橋さんの質問に丁寧に答える大滝社長。学生時代の経験から最新トレンド、アパレル業界の未来や就職活動のアドバイスに至るまで、話は尽きない

学生 アパレル業界を目指す学生へアドバイスをお願いします。

大滝 会社の目標やビジョンが自分の目指す未来と一致しているか、価値観や企業理念に共感できるか、その見極めが最も重要だと思います。自分の目標や成し遂げたいことに一生懸命打ち込む、それが結果的に会社のチカラになる。これが個人にとっても企業にとっても一番ハッピーな形です。

学生 お話を聞いて、ファッションの仕事に、ますます興味が湧いてきました。ありがとうございました。

■学生からのひとこと

  • 学生時代は、企業の興味のある領域だけに目を奪われがちですが、視野を広く持つことで、アパレルの仕事の可能性は、あらゆる業界とつながり、無限に広がることを学びました。(立教大学 現代心理学部/逆井七海 さん)
  • エイ・ネットさんは、個性豊かな世界観のブランドも数多くあり、尖ったイメージがありましたが、モノ作りに取り組む真摯な姿勢と、お客様のみならず、社会全体への貢献を目指す企業活動を知り、感動しました。(共立女子大学 家政学部/髙橋優希 さん)

■この会社のスゴいところ

□ 個性豊かで多彩なブランドラインアップ

心が躍る、モノ・コトを。” を経営理念に掲げるエイ・ネット。その強みは、あらゆるカテゴリーの個性あふれるブランドを束ねながら、各ブランドのクリエイション、世界観、独自性を大切にしていること。「このような企業は業界でも数少ないと思います」と大滝社長は語る。
□ チャンスとチャレンジに恵まれる企業風土

商品・販促戦略から店舗のディスプレーに至るまで、若手社員のアイディアや提案を受け止め、良いものは積極的に採用する姿勢もエイ・ネットの社風。チャンスとチャレンジが待っている。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    イベント一覧

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング