【1分で分かる用語解説】坪効率とは? 賃料算出で重要な目安

  • 2018年02月06日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 263168810

売り場の生産性(販売効率)を示す指標で、1坪(3.3平方メートル)当たりの月間売上高を指します。

計算方法は、1カ月の売上高÷売り場面積(坪)。

SCなど不動産賃貸業ではテナントとの出店に係る賃料交渉において「1坪当たりの単価」となる賃料算出で重要な目安となっています。

商業施設は都市立地を中心に衣料品や買い回り品を中心にした業種構成で坪効率を高め、家賃に反映してきました。

坪効率を上げることが生産性向上の決め手になります。昨今の衣料品不振のなか、一時期に比べ飲食を含む食関連やサービス業種の坪効率が上がっています。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング