【ビジネス用語解説】RPAとは? 業務をロボットが代わりに行います

  • 2019年07月29日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 rpa

ロボティック・プロセス・オートメーションの略。伝票の入力、データ修正をはじめ、これまで人が携わっていた日常的なパソコン業務をロボットが代わりに行う仕組みです。

キーボードやマウスを使う様々なデータ入力、ダイレクトメールの宛名書きや定型メールの発送、24時間対応が必要な業務、膨大なデータ処理作業などで活用シーンが増えています。

AI(人工知能)と違って学習能力は無いが、物流関連など人手不足を背景に効率化、働き方改革が求められる職場で導入意欲が高まってきました。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着のお仕事最近公開されたお仕事

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング