【ファッション用語解説】 パニエとは? 腰を膨らますアンダースカート

  • 2020年01月06日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 panier

腰やスカート全体を膨らませるための、骨を組んだ腰枠状のアンダースカートのことを言います。

フランス語でpanier、本来はかごを意味します。細く絞ったウエストにパニエをはき、ドレスを重ねると、腰が両サイドに大きく張り出すシルエットになります。

誕生したのは18世紀。当時、欧州では女性的で優美な美術様式「ロココ」が流行し、ドレスを華やかに演出するパニエは欠かせませんでした。現代でも張りのあるアンダースカートをパニエと呼びます。

クラシックがトレンドの2020年春夏コレクションではパニエ風のシルエットが登場しました。

写真=「ロエベ」20年春夏コレクションから(大原広和)

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着のお仕事最近公開されたお仕事

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング