【ファッション用語解説】「ボディー」を学ぶ!衣服の製作に使う人体の模型

  • 2017年12月26日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 616410089

服飾専門学校に通っている方には、キホン中のキホンといった用語かもしれませんね。今回は、「ボディー」について解説します。

洋裁で、人間の代わりに、立体裁断などの衣服の製作やサンプルチェック、陳列に使う人体の模型で、人台(じんだい)、ダミーなどとも呼ばれます。

裁断や縫製をする時、人の体に特有の共通の曲面や立体が必要な場合に使ったり、サンプル品を着せてチェックする工業(作業)用ボディー、陳列・演出用に店舗などが使うディスプレートルソーの大きく2種類あります。

性別と年齢によって体形が変わるため、青年男性用、シニア女性用など異なるボディーを使用します。また、ゆるみ入りのドレスフォームと、ゆるみ無しのヌードフォームなどもあります。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着のお仕事最近公開されたお仕事

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング