【ビジネス用語解説】「SCM」ってなーに?

  • 2018年05月16日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 600318236

「SCM」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ビジネス業界で使われる経営管理を示す手法を指す言葉です。今回はこの「SCM」について解説します。

SCMってなに?

「SCM」とは、Supply Chain Management(サプライ・チェーン・マネジメント)の略で、生産・物流全体の経営管理手法を指します。

素材や資材の調達、商品の生産、小売りを通じて最終消費者の手に渡るまでの流れを総合的に管理し、全体の効率化や最適化を実現するための手法です。

アパレル業界は素材や製品の生産過程が複雑で、多くの企業が関わっています。また、素材調達や製品の生産は国内だけでなく、中国・アジアを中心に世界に広がっています。

これを適切に管理することで、納期の短縮や生産・物流コストの削減、在庫の適正化につなげることができ、近年はIoT(モノのインターネット)技術を活用した管理が広がっています。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング