17年春卒の進む道はドコだ? 専門学校生の就職意識調査!

  • 2017年03月01日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 susumu michi

服飾系専門学校の卒業予定者を対象に、繊研新聞社が毎年実施する「就職意識調査」。17年春卒業予定の学生は、アパレル・ファッション業界への就職志向は前年同様の傾向でしたが、会社選びでは給与・待遇を重視する意識が高まっているという結果が出ました。

回答者数は全国1534人(男性292人、女性1233人、不明9人)。

 

◆ アパレル業界に就職する??


アパレル・ファッション業界への就職を希望する学生数は全体の92・0%!

前年調査より0・5ポイント下がったものの、学んだ技術や知識を仕事に生かそうとする意欲が依然として高いですね。希望しない理由では、「進学する」とした回答が多いほか、「美容関係」「車両関連」などの異業種への就職を希望する声や「独立して店を開く」「家業を継ぐ」「海外に出る」という回答が目立ちました。「まだ悩んでいる」「未定」とする回答もあり、就職活動への不安も強いようです。

 

◆ 会社を選ぶときに重要視するポイントは??


会社を選ぶ際に重視する点は、「作っている商品・ブランド」が34・9%で前年同様1位です。

前々年4位から前年3位に上昇した「給与・待遇」は2・0ポイント増の15・7%で、「企業イメージ」と入れ替わって2位に浮上しました。「企業の安定性」「企業の将来性」もポイントアップしており、現実とその先を見すえた選択意識が強まった形です。そのほか、「詳しい業務内容」や「新卒に必要なスキル」への関心が高く、「就職先の社員の声」や「キャリアアップ」の情報を求める声も強いですね。

 

◆ 会社で選びで参考にするツールは??


会社選びで参考にするものの上位は、「学校(就職指導や求人票)」が前年同様に1位。2位と3位は入れ替わり、「ホームページ」が2・2ポイント増で2位に上昇し、「個別企業説明会」が3位となりました。また、6位と7位も入れ替わり、1・9㌽増の「就職情報誌」が順位を上げ、「インターシップ」が下がりました。「SNS」(交流サイト)は前年と同じ8位ながら1・4ポイント増やしました。

 

◆ どの業種を目指している?


活躍したい業種の上位は1~3位までが前年と同じ順位でした。

1位 総合アパレルメーカー

2位 婦人服メーカー

3位 専門店(セレクトショップ含む)

 

前年4位だった「紳士服メーカー」は2・5ポイント減で7位に後退。「カジュアルメーカー」「産地企業」「子供服メーカー」が繰り上がりました。下位は「ジーンズメーカー」が1・0ポイント増で順位を上げ、10位に。「専門商社」も1・0㌽増でした。「靴、バッグメーカー」と「ネット販売・カタログ販売」が順位を落とした。「その他・異業種」はポイントを下げましたが、「舞台衣装製作」や「雑誌のスタイリスト」「ブライダル関連」の回答が多かったですね。

 

◆ 人気の職種は?


希望する職種もほぼ前年同様の傾向で、

1位 デザイナー

2位 ファッションアドバイザー

3位 パタンナー

4位 バイヤー

まで変わっていません。

 

今回から選択肢に「製造オペレーター」を加えたところ、5位となりました。7位の「マーチャンダイザー」と8位「スタイリスト」は、前年の順位と入れ替わっています。

 

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング