就活本厳選!アパレル志望者必読の本まとめ【2019版】

  • 2018年05月31日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 people 2593394 1280

みなさん、就職活動のノウハウをどこで得ていますか?ウェブサイトももちろん便利なのですが、じっくり勉強するには、やはり本は必須アイテムです。そこで今回は、アパレル・ファッション業界を目指す就活生が読んでおくべき本を紹介します。気になる本を見つけて、就職活動に役立てましょう!

目次

  1. 就活生必見!アパレル業界全体の知識を得るにはこの本を読め!
  2. SPA(アパレル製造小売業)について知りたい就活生には、この本がおすすめ!
  3. 販売員(ファッションアドバイザー)を目指している就活生が必ず読むべき本はこれだ!
  4. 就活事前準備をするなら必ず手に取りたい、基本の2冊
  5. まとめ

就活生必見!アパレル業界全体の知識を得るにはこの本を読め!

「よくわかるアパレル業界(最新 業界の常識)」繊研新聞編集局著(2012.11)

出典:https://www.amazon.co.jp/

ファッションビジネス専門紙の繊研新聞編集局が、アパレル業界の全体像を分かりやすく紐解く1冊です。業界の最新の動向やファッション用語の説明、取材で得た生きた現場の声を集めた、いわばバイブル的存在の本です。

志望職種に偏った情報収集をしがちな就活では、業界や企業全体の中における職種ごとの役割分担を理解できていないことも多々あります。多くの就活生が近視眼的になっている中で、全体像を理解できる多角的視点は大きな強みになります。他の就活生と差をつけたければ、まずは本の内容をしっかり落とし込み、業界の全体像を把握しましょう。アパレル業界を志望する学生や、ファッションの世界に興味がある就活生がまず手に取るべき1冊です。

「図解入門業界研究 最新ファッション業界のトレンドがよーくわかる本[第2版]」為家洋子著(2016.12)

出典:https://www.amazon.co.jp/

ライフスタイル・コーディネーターの為家洋子さんが、アパレル・ファッション業界について知りたいと思っている全ての方に送る、業界全体の解説本です。

本書は、タイトルにもあるように挿絵や表を多く用い、誰にとっても非常に分かりやすく、イメージしやすい構成になっています。アパレル・ファッション業界の現状や今後の見通しなど、就活生が知っておくべき情報や、ファッションへの熱い思いが込められたコラムの1つ1つは、就活中の業界研究の強い味方になること間違いなしです。

「ファッション業界大研究 : ビジネスのしくみからさまざまな仕事まで業界のいまがわかる本!」オフィスウーノ編(2010.4)

出典:https://www.amazon.co.jp/

アパレル・ファッション業界を目指す就活生に向けて、現場の声を惜しみなく詰め込んだ1冊です。三陽商会などの大手アパレル企業を皮切りに、人気企業の第一線で活躍する人が業務の内容や仕事のやりがいを語ってくれます。「OB訪問ができなかった」「働き方がイメージできない」という就活生に、ぜひ手にとって欲しい本です。

さらに、24もの職種とその仕事内容を丁寧に分かりやすく解説してくれます。2010年発行の書籍なので、最新の動向をつかむにはやや不向きですが、基本的な業界の構造やアパレル・ファッションのお仕事について知るには最適です。

「『就職四季報』2019年版」東洋経済新報社(2017.11)

出典:https://www.amazon.co.jp/

会社四季報でおなじみの東洋経済新新報社が、毎年就活時期に合わせて発行する『就職四季報。』本書は、各企業が公開している情報や東洋経済新報社の独自調査に基づいた情報をデータベース化して掲載しています。募集状況や採用データ、初任給、勤続年数などの情報がコンパクトにまとまっているため、就活生必携品の1つとして大変おすすめの1冊です。

とりわけ「働きやすさ」が注目される昨今では、賃金だけでなく有休取得日数や月平均残業時間なども、就職を決める上で重要な要素となってきます。上場企業や大手の情報をメインに扱うため、しばしばお目当の企業情報を見つけられないことがあるのが難点。

SPA(アパレル製造小売業)について知りたい就活生には、この本がおすすめ!

「ファストファッション クローゼットの中の憂鬱」エリザベス・L・クライン著、鈴木素子訳(2014.5)

出典:https://www.amazon.co.jp/

本書は、これまで紹介してきたものとはややテイストの異なり、ルポルタージュ形式でファストファッションの舞台裏を紹介しています。著者は、ニューヨーク在住のジャーナリスト、エリザベス・L・クライン。ひょんなことがきっかけで、ファストファッションが抱える社会問題について取材することになったといいます。

就活中は、企業の良い面ばかりに目が向きがちですが、SPA(アパレル製造小売業)形態を取っている企業を志望しているなら、本書を通して業界が抱える問題を把握しておきましょう。ここで取り上げる問題について「自分ならどう考えるのか」ということを考えることで、他の就活生と差をつけることができます。

「ユニクロ対ZARA」齋藤孝治著(2014.11)

出典:https://www.amazon.co.jp/

就活生人気が非常に高いZARAと、年代・世代を問わず日本で愛されるユニクロ。巨大SPA企業の2社が、どのようにして地位を確立したのか。今日に至るまでの2社の戦略を、商品開発の段階から丁寧に追っていきます。また、ZARAとユニクロだけでなくH&M、Forever21、GAPなど就活生にも馴染み深く人気のあるファッションブランドに関しても情報も満載です。

著者は、総合商社勤務やアパレル専門チェーン勤務を経て、現在はファッション流通コンサルタントとして活躍する齋藤孝治さん。豊富な実務経験やコンサルタントとしての鋭い視点から、業界を徹底解剖していきます。ここで掲載されている企業を志望していないとしても、アパレル業界を志す就活生なら必ず読んでおきたい本です。

販売員(ファッションアドバイザー)を目指している就活生が必ず読むべき本はこれだ!

「接客販売入門」北山節子著(2014.10)

出典:https://www.amazon.co.jp/

オンワード樫山に勤め、CKカルバンクライン新宿伊勢丹店で目覚ましい活躍をした北山節子さん。現在、接客アドバイザーとして講演や執筆活動に専念する北山さんが、接客販売の心得やコツを丁寧に解説してくれる1冊です。

接客というと、つい店員対お客様の構図を真っ先に思い浮かべてしまいますが、実は店員同士のコミュニケーションも、接客と同じくらい重要な要素であると語っています。ファッションアドバイザーとして、また店長として活躍したいと考えている就活生は、ぜひ読んでおきたい本です。

「女性の職業のすべて〈2019年度版〉」女性の職業研究会(2018.1)

出典:https://www.amazon.co.jp/

就活において「働きやすさ」が注目される現在、女性が活躍できる環境の整備がどの業界でも強化されています。本書は、女性が活躍できるお仕事を232種類もの豊富なラインナップで紹介しています。仕事の内容や、必要な資格、資格の取り方、年収など、どれもシンプルに分かりやすくまとめています。

アパレル・ファッション業界のお仕事は、巻頭にあります。どんな環境で、どんな人が活躍しているのか、自分にもその仕事が務まるのか、就活中にじっくり考えるには最適な1冊です。

就活事前準備をするなら必ず手に取りたい、基本の2冊

「絶対内定2019ーー自己分析とキャリアデザインの描き方」ダイヤモンド社(2017.9)

出典:https://www.amazon.co.jp/

就職活動をこれから始める、あるいは現在行き詰まっている方におすすめするのが、こちらの参考書。これまで3000人を超える大学生や社会人の就職や転職をサポートしてきた実績を持つ熊谷智宏さんが、就活をする上で必要な心構えややるべきことを手ほどきしてくれます。ワークシート型なので、ただ情報をインプットするのではなくアウトプットしながら読み進めていけるのが大きな特徴です。

「就活で情報収集をしたり説明会に足を運ぶうちに、どの企業も魅力的に思えてきて軸がブレてしまった」「友達と話していて、自分の就活の進め方に不安を感じ始めた」就活生であれば、誰もがぶつかる問題です。そんな時に、自分と向き合うきっかけを与えてくれます。

「就活必修!1週間でできる自己分析2019」さくら舎(2017.6)

出典:https://www.amazon.co.jp/

就職活動で避けて通ることのできない、自己分析。「やりたいこと」や「向いていること」が分からず、苦労する就活生があとを絶ちません。そんな就活生におすすめするのが、早稲田大学生協ブックセンターで一番人気の自己分析書「就活必修!1週間でできる自己分析2018」です。

著者はプロフェッショナル・キャリア・カウンセラーの坪田まり子さん。年に200回以上も就活セミナーを行う著者が、自己分析のやり方を丁寧に分かりやすく手ほどきします。やりたいことが分からない、向いている仕事を見つけたいと思っている就活生はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、アパレル・ファッション業界を目指す就活生が読んでおくべき本を紹介しました。気になる本は見つかりましたか?今回ご紹介した本は、どれも分かりやすくシンプルにまとまっています。読書の時間が確保できなくても、通学電車やお昼休みに読めるものがほとんどです。細切れの時間を上手に使って、今回紹介した本を読んでみてくださいね。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング