アパレル・ファッション業界の名物広報さんまとめ【プレス・広報の仕事を学ぼう】  

  • 2017年03月01日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 kouhou catch

広報さんのお仕事紹介! 魅力は「情報発信し人と人つなげる面白さ」

 私たちメディアが日々、大変お世話になっている広報さん。普段は黒衣に徹し、なかなか表舞台に出ることはありません。ですが、情熱的で面白い方が多く、ご紹介できないのはもったいない! というわけで、今回は普段はなかなか聞くことのできない仕事観についてお聞きしました。

 

◆「グリード」プレス 山本了子さん
◆コックス 広報グループマネージャー 新海桃子さん
◆TSIホールディングス 管理本部広報室長 山田耕平さん
◆ユニチカ 経営企画部IR広報グループ 佐々木謹尚さん
◆三越伊勢丹ホールディングス 業務本部総務部コーポレートコミュニケーション担当マネージャー 森安花果さん (三越伊勢丹の求人情報はコチラ

★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★


「グリード」プレス山本了子さん

愛があれば口下手でも伝わる

「同じブランドに長くいて、業界の皆さんと共に歩んできたことが糧になっている」と山本さん
(写真=「同じブランドに長くいて、業界の皆さんと共に歩んできたことが糧になっている」と山本さん)

 

 「話をするのはあまり得意ではないですが、自分のブランドが好きっていう気持ちや愛があれば、口下手でも伝わるのかなと思っています」と話すのは、レディスブランド「グリード」のプレス、山本了子さん。00年以来、デザイナーの山田あゆみさんとタッグを組み、プレスを務めている。

 この仕事に就いたのは、山田さんの作る服が大好きだったから。「どんな職種でもいいから一緒に働きたい」と連絡したところ、学生時代に雑誌ライターのアシスタントをしていた経験を買われ、プレス担当を任された。当時はプレス担当がほかにおらず、仕事は手探り。「全てスタイリストさんに教えていただいた」。自身で切り開いてきた道だからこそ、仕事への愛着は強い。

 プレス担当として、「デザイナーと同じ思いでいること」を常に意識している。山田さんと話す時間が無い日もあるが、「生地を選ぶ姿、1㍉単位でディテールをつめる姿を近くで見ているから、思いを感じ取ることができる」。

 1日のリース件数は8~10組。様々な雑誌やスタイリストと付き合いがあり、仕事のやり方はそれぞれ異なる。「相手の望むことを理解しようと務めています」

 5歳と7歳の2児のママでもある。「スタイリストさんにもママが増えました。子どものこと、他愛もないことが色々話せるから、ここに来ると楽だなって思っていただけているのかもしれません」

 

関連する記事

この記事に関連するキーワード

話題のキーワードキーワード一覧

月間ランキング月間アクセスランキング

週間ランキング週間アクセスランキング