【都内百貨店】5月1日の改元に合わせて来店促進 福袋や「令和」スイーツも登場!

  • 2019年04月24日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 1

都内百貨店では4月27日からの10連休で、来店促進を通して消費を盛り上りそうです。5月1日の改元に合わせた記念商品の販売やサービス、イベントの開催が相次ぎます。

三越日本橋本店は5月1日に改装オープンする屋上庭園で、新元号を記念した祝賀コンサートを開きます。新屋上庭園を活用してガーデニングやファミリー参加型ファッションショーなどのイベントを実施するほか、ビアガーデンをオープンします。西武池袋本店は新元号スタートとして正月の風物詩、福袋が登場。大丸東京店は新元号を記念した純金製の大判(100グラム、100万円)、小判(30グラム、30万円)を販売します。

松屋銀座本店は5月1日が95回目の開店記念日になることから、日本酒や特製「祝」あんぱんを来店客に振る舞います。西武池袋本店でも「令和」の焼き印を入れたどら焼きを開店時に配ります。

東急百貨店本店は2160円(税込み)以上の買い上げ客に「令和」をプリントしたマカロンをプレゼントします。

「令和」をプリントした紅白のマカロンをプレゼントする(東急百貨店)

イベントでは小田急百貨店新宿店は書道とVR(仮想現実)技術を使ったパフォーマンスアート、東急百貨店は首都圏4店合同で映画「キングダム」とのタイアップイベントを開催する。

一方で、問題となるのが人手の確保だ。10連休中は保育所のほとんどが休みになり、〝保育難民〟の発生が想定される。高島屋は、グループ本社第2ビルで日本橋高島屋SCで働く従業員を対象に社内臨時保育を実施します。横浜店で17年からスタートし、実施店舗を広げています。今回の社内臨時保育は、日本橋エリアで働く社員だけでなく、テナント従業員が5月2~6日に利用できます。専門業者に委託し、各日午前9時から午後7時まで保育をします。

(繊研新聞19年4月24日付より)

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着のお仕事最近公開されたお仕事

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング