就活生のリクルートスーツ着こなしマナー【男女別に徹底解説!】

  • 2018年06月11日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 eyecatch

就活生と切っても切り離せない、リクルートスーツ。今回は、スーツの着こなしマナーや就活向きのスーツの種類、何着持っておくべきかなど、就活中のスーツにまつわる疑問に、徹底的にお答えします!センケンジョブが編集したスーツにまつわる関連記事もまとめて紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. リクルートスーツとビジネススーツの違い
  2. 就活生が選ぶべきスーツの色や柄
  3. 就活用のスーツは、最低2着は用意しておきたい
  4. 男子学生のための就活スーツマナー
  5. 女子学生のための就活スーツマナー
  6. 就活中のクールビズスタイル
  7. まとめ

リクルートスーツとビジネススーツの違い

「リクルートスーツとビジネススーツに、違いがあるのか?」と疑問に思う学生は多くいます。

厳密には、リクルートスーツとビジネススーツに明確な定義はなく、「ビジネススーツは就活で着てはいけない」などといったルールはありません。

しかしここ十数年、黒い無地のスーツを多くの就活生が着ていることから、「黒い無地のスーツはリクルートスーツだ」という認識が一気に広まりました。その影響もあり、大手のスーツ量販店では程価格帯の黒い無地のスーツを「リクルートスーツ」のカテゴリーで売り出している場合があります。

このように、厳密に「リクルートスーツ」と「ビジネススーツ」の定義はないものの、一般的に多くの就活生から選ばれているスーツを「リクルートスーツ」と呼ぶ傾向があります。

就活生が選ぶべきスーツの色や柄

多くの就活生から、黒い無地のスーツ(俗に言うリクルートスーツ)が選ばれていますが、紺やグレーのスーツ、またストライプの入ったスーツは就活で着てはいけないというルールはありません。また、企業側も「どうしてこの子は黒い無地のスーツを着ていないんだろう」などとは思いません。

しかし、周りにいる多くの学生が黒い無地のスーツを着ている中で、一人だけ紺やグレーのスーツを着ている場合、どうしても目立ちます。

「目立つことで、面接官に自分のことを覚えてもらいたい」と思っている場合は問題ありませんが、「極力目立ちたくない」「スーツの色が周りの学生と違うから落とされるのではないか」と心配している場合は、無難な黒い無地のものを選ぶと良いでしょう。

このように、極端に派手な色や柄でない限り、就活で「着るべきスーツ」や「着てはいけないスーツ」はありません。受ける企業で働く社員を観察して、どんなスーツを着るのが最善かを考えてみましょう。

就活用のスーツは、最低2着は用意しておきたい

就活用のスーツは、最低2着は用意しておきましょう。

就活シーズンに差し掛かると、毎日スーツを着ることも多々あります。雨の日や夏の暑い日に着たスーツは、最低1日は風通しの良い場所で休ませておくことをお勧めします。

そのため、できる限り交互に着れるよう、スーツは2着持っておくのが理想です。

安いものだと1万円以下で購入できるため、雨の日や夏の暑い日専用のスーツをあらかじめ持っておいても良いでしょう。

男子学生のための就活スーツマナー

スーツの選び方

スーツを選ぶときにもっとも大切なのは、「サイズ感」です。ジャケットのサイズやスラックスの丈が自分の体に合ったサイズでないと、「着せられている感」が出てしまい、あまりスマートではありません。

では、どのような基準でスーツを選べば良いのでしょうか。スーツを選ぶ時にチェックするべきポイントや、スーツを綺麗に保つための保管方法については、次の記事を参考にしてみてくださいね。

ワイシャツの選び方

面接中はジャケットを脱がないので、ワイシャツはあまり重視されないのでは?と思われるかもしれませんが、ワイシャツにも就活にお勧めのものとそうでないものがあります。

就活の面接に着ていくワイシャツの選び方は、次の記事で詳しく紹介しています。

ネクタイの選び方

ジャケットやスラックスの色とは異なり、ネクタイには「就活で使わない色」があります。黒や白などは、冠婚葬祭の時しか使わないため、あえて調べなくても予想がつきますが、他の色はどうでしょうか。

次の記事では、就活で選ぶべきネクタイの色や柄について詳しく紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

女子学生のための就活スーツマナー

スーツの選び方と着こなし

女性の場合は、男性よりもスーツの色や柄に寛容な傾向がありますが、やはりどの業界でも使える「黒の無地」が圧倒的に人気なようです。

しかし、2着用意するとしたら、2つとも黒の無地よりも、濃紺など他の色があってもいいですよね。次の記事では、スーツの色が与える印象や選び方、自分に合ったサイズの見つけ方を紹介しています。

パンツスーツに関する都市伝説

女子学生から毎年必ず質問されるのが、「パンツスーツだと就活に不利ですか?」という内容です。

結論から申し上げると、パンツスーツだから不利、スカートだから有利などといったことは全くありません。この手の噂はあくまで都市伝説なので、気にしないで大丈夫ですよ。

しかしながら、パンツスーツとスカートでは与える印象が違うのも事実です。自分が面接官に与えたい印象によって、パンツスタイルにするかスカートスタイルにするか選ぶのが理想です。次の記事では、パンツスーツとスカートが与える印象の違いや、見せ方のポイントを紹介しています。

パンツスーツを検討している女子学生は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

就活中のクールビズスタイル

夏の暑い日にネクタイをしめ、ジャケットを羽織るのはとても不快ですよね。体の熱をうまく逃せないため、熱中症になってしまう危険性もあります。

しかし、そんな時でもスーツを着なければいけないのが就活生の苦しいところです。

次の記事では、夏の暑い日の就活でクールビズを取り入れる時に気をつけたいポイントや、クールビズのマナー、お勧めのアイテムを紹介しています。

これからの暑い季節に備えて、ぜひチェックしてみましょう。

まとめ

今回は、就活中に着るスーツに関するよくある質問や疑問に対する回答を紹介しましたが、いかがでしたか?今回紹介した基本的な着こなしのマナーをマスターすれば、社会人になっても身だしなみに困ることはありません。就活をきっかけに、スーツの着こなし方やビジネスアイテムの選び方を学んでみてはいかがでしょうか。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    イベント一覧

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング