さまざまな職種で活躍するプロフェッショナルたちのお仕事内容を紹介する「お仕事ペディア」③ 【プレス・マーチャンダイザー(MD)・企画編】

  • 2018年04月23日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 5556

さまざまな職種で活躍するプロフェッショナルたちのお仕事内容を紹介する「お仕事ペディア」。それぞれの入社のきっかけやその職種で求められる能力、何よりお仕事の魅力とは何なのかを聞きました。

今回は、プレス・マーチャンダイザー(MD)・企画編。ファッション業界のお仕事の中身とは?

プレス/リンク・セオリー・ジャパン 比護つばささん

入社3年目でプレスの社内公募にチャレンジ。 カタログを見たお客様にPLSTをより好きになってもらいたい

プレス/リンク・セオリー・ジャパン PLST/プレス

比護つばささん 入社5年目

プレスの仕事は、雑誌などのメディア向けにサンプルの貸し出しや取材対応、シーズンごとに作られるカタログ作成、展示会の準備、運営など業務は多岐に渡る。カタログを作成する時には、スタイリストやカメラマンとの連携、取材の際には編集者とのやり取りなど、社内、社外問わず、多くの人と関わる仕事だ。「カタログや展示会は、自分たちが考えて工夫したことがそのまま形になります。お客様にPLSTをより好きになってもらえるように考えるのは、難しくもあり、やりがいでもあります」。

〝お客様がPLSTをどう見ているのか”を常に意識するようにしているという比護さん。今のトレンドだけでなく、先のトレンドも意識し、より魅力的に見える表現を勉強し続けている。「私は今期よりメンズの主担当になります。メンズの商品をどう発信していくのか、多くの人にPLSTのメンズを知ってもらうにはどうしたらいいかを常に考えています」。

PLSTは、各部署の垣根がないのも特徴。社外の人と交流も多く、情報がたくさん集まるプレスならではの意見が商品制作に繋がることもある。比護さんの『こういう服が良いのでは』という提案を経営層が採用し、新商品に繋がったこともあるのだ。「横のつながりをとても大切にしているので、店舗スタッフ、本部問わず〝自分一人でやる?のではなく、みんなで協力して良いものを作るという意識が強いのも、PLSTの良さだと思います」。

Profile

もともとファッションが好きだったことと、リンク・セオリー・ジャパンのブランドであるセオリーのファンだったことがきっかけで説明会に参加。2013年に入社した。社内公募を利用して、2016年にプレスへ異動。

【会社名】株式会社リンク・セオリー・ジャパン

【事業内容】セオリー、プラステ、ヘルムート・ラングなどの婦人服、紳士服等の企画・生産・販売

【URL】https://www.fastretailing.com/employment/ja/ltj/jp/graduate/

リンク・セオリー・ジャパンについてのもっと詳しい情報はこちら>>株式会社リンク・セオリー・ジャパン

 

マーチャンダイザー/ルック 萬年秀平さん

服作りの全プロセスに関わり、ブランドのリーダーとして活躍

株式会社ルック 商品企画室 マーチャンダイザー(KEITH)

萬年秀平さん 入社5年目

若手社員にもマーチャンダイジング(以下MD)を任せるルックのチャレンジングな考え方に惹かれて入社した萬年さん。「MDは商品企画、売上状況の分析、生産管理、展示会の設営・運営など、服作りのすべてのプロセスに関わり、ブランドのリーダーとして、舵取りをする仕事です。

シーズンごとのトレンド、素材、カラーなどを検討し、さまざまな分野のエキスパートと一丸となって、売れる商品を作り上げていきます。服の売れ行きは、気温や天候の変化にも左右されるので、狙った時期に店へデリバリーしなければなりません。そのためには、服作りの各パートのスケジュール調整や課題解決なども重要なミッションです。みんなで作った商品が店頭に並び、計画通りに売れているとき、大きなやりがいを感じます」と微笑む。

Profile

ルックの営業を2年半経験して、学生時代から憧れのマーチャンダイザーに。すべてを一から作り上げるオリジナルブランド「KEITH」の服作りに情熱を注いでいる。MDは冷静・迅速な対応力が不可欠と語る。

【会社名】株式会社ルック

【事業内容】婦人服等の輸入及び企画・販売

【URL】http://www.look-inc.jp/

ルックについてのもっと詳しい情報はこちら!>>株式会社ルック

 

企画/アンビデックス 鈴木清子さん

企画した商品をみんなで創造するプロセスにやりがいを感じています

株式会社アンビデックス ビュル デ サボン事業部 企画

鈴木清子さん 入社5年目

33のオリジナルブランドを展開するアンビデックス。鈴木さんは、そのひとつビュルデサボンの企画を担当している。

「企画はトレンドやニーズを考慮し、新商品を提案し、その製作をリードする仕事です。服のコンセプトとイメージを考え、ラフデザインを描き、生地やサイズを検討し、それらの絵、サンプル、スペック等を書き込んだ〝メニュー”と呼ぶ仕様書を作成します。社内で検討して、生産が決まった服のメニューをデザイナー、パタンナー、生地メーカー等に説明し、各エキスパートとさまざまな課題を乗り越えながら、商品の発売まで関わります。根気と粘り強さが必要な仕事ですが、自分が企画した商品をみんなで力を合わせて生み出していくプロセスに大きなやりがいを感じています」。努力家の鈴木さんに仲間たちの期待が集まる。

Profile

学生時代にテキスタイルを学び、企画職に憧れてアンビデックスへ入社。販売職を1年近く経験。社内のデザイン画試験に合格し、希望していた企画職へ異動した努力家。服作りに日々情熱的に取り組んでいる。ブランドの世界観を大切にしながら、進化させていくことも企画の仕事と語る。

【会社名】株式会社アンビデックス

【事業内容】レディスウェアの企画、製造、販売

【URL】http://www.ambidex.co.jp/

アンビデックスについてのもっと詳しい情報はこちら!>>株式会社アンビデックス

【関連記事】

さまざまな職種で活躍するプロフェッショナルたちのお仕事内容を紹介する「お仕事ペディア」① 【バイヤー・商品開発・生産管理編】

さまざまな職種で活躍するプロフェッショナルたちのお仕事内容を紹介する「お仕事ペディア」② 【営業・人事・VMD編】

内定者インタビュー「アガット」編 人気ジュエリーブランドの面接とは?

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    新着の求人最近公開された求人

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング