~奥の深い世界~ パタンナーが伝える本当の“やりがい”とは

  • 2017年03月01日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 manhyo


「追求すればするほど奥の深い世界」
万兵ファッションクリエイト デザイン室チーフパターンナー 稲熊勇美さん

 デザイナーとマーチャンダイザーの意図や狙いを基に、パターンを起こし、縫製仕様書を作り、縫製工場につなぎます。コミュニケーションは特に大切ですね。デザイナーの絵型を見て、話し合い、確認しながら、思いをくみ取り、形にしていきます。中国や東南アジアなど海外で縫製しているので、仕様書は文字だけでなく、イラストも使って現地の人に理解してもらえるように工夫しています。

 パターンは、これが絶対に正しいという答えはありません。追求すればするほど奥の深い世界です。この仕事に終わりはありませんが、きれいなシルエットが出せればうれしいし、何よりも好きだから、がんばることができます。

 基本はとても大切です。社会に出てからも勉強の積み重ねですが、基礎の勉強に打ち込めるのは学生時代だけです。この時間を大切にして欲しいですね。今、修得したことは社会に出てからも支えになるはずです。

写真=万兵ファッションクリエイトデザイン室チーフパターンナー 稲熊勇美さん

(繊研新聞 2016/02/24 日付から)

 

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング