【今さら聞けない用語解説】「オーガニック」ってなーに?

  • 2018年04月13日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 518349154

料理や衣服など、街中でもよく目にする「オーガニック」という言葉。一般的に広く使われている言葉ではありますが、一体どういう意味を指すのでしょうか?

今日はこの「オーガニック」について紹介します。

オーガニックとは?

オーガニックとは、有機の、有機栽培の、を意味します。

ファッション業界では、環境保護に関する基準をクリアし、認証を受けた繊維・衣料製品を指し、国や素材によって基準も認証団体も様々だが、オーガニックコットンやリネンは、3年以上農薬や化学肥料が使われていない農地での栽培が条件となります。

2016年の世界綿花生産量は約2400万トン前後と推定され、うちオーガニックコットンは約10万トン強で、比率としては0.5%未満です。エコ志向やCSR(企業の社会的責任)意識の高まりで、市場での注目は高まっていますが、まだ生産量は少ないです。

【関連記事】

環境にやさしい「リサイクルコットン」を学ぼう!

【今さら聞けない基礎用語解説】コットンについておさらいしよう

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    イベント一覧

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング