今さら聞けない!「オムニチャネル」ってどういうこと?

  • 2017年12月16日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 shutterstock 397468786

「オムニチャネル」って聞いたことありますよね?ECの急速な発達により、よく耳にするようになりました。今さら聞けない「オムニチャネル」の意味について解説します! 

オムニチャネルとは?

実店舗やECなどの消費者が購買できるあらゆるチャネル(接点)を、すべて(オムニ)のチャネルで継ぎ目なくモノが購買できるように流通経路をつなげることを言います。

供給側の論理ではなく、消費者の論理に従って最高の顧客体験を与えられるよう、いつでも、どこでも、顧客が好きなときに注文ができて、好きなときに好きな場所で好きなものを受け取れるようにすることです。

実店舗だけでなく、パソコンやスマートフォン、SNS(交流サイト)などを通じて商品を注文でき、百貨店で注文したものを自宅近くのコンビニエンスストアで受け取れるなどのサービスを指します。

色々な場所で買えるという場合はマルチチャネルと言いますが、オムニチャネルは全てのチャネル間を連携させることを言います。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング