知る、わかる、学ぶ!本命企業に思いを伝えたい!どうすればいいの? 体験!人気企業の模擬面接【ジョイックスコーポレーション編】

  • 2019年06月24日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 joix 01

自分を売り込むための緊張のステージと言えば「企業面接」。「本命企業に自分の熱い思いを伝えたいけど、でもどうすればいいの?」そんな悩みに答えるべく、人気企業の採用担当者の見ている部分や本音を教えていただくこの企画、「模擬面接」で明らかに!

今回は、ジョイックスコーポレーションの人事担当者の方に模擬面接をしていただきました。

【参加者】

東洋大学 経営学部 マーケティング学科3年 佐々木颯人さん(仮名)
新潟出身。高校生の頃からファッションが好きで、休日には銀座、青山、表参道などでウインドーショッピングを楽しむのが趣味。

※学生の氏名は仮名とさせていただいております

【面接官をお願いするのは・・・】

>株式会社ジョイックスコーポレーション 人事総務部 東京人事総務課 課長 青山 満さん 1992年入社
ランバンコレクションの営業課長を務めた後、人事総務部へ。“従業員の立場になって考える”をモットーに、人事総務の仕事を行っている。

Q1.自己PR

青山 佐々木さん、まずは自己PRをお願いします。

佐々木 私は周りの人から自分の軸を持っているとか、ブレないと言われることが多いので、そこが長所だと思っています。周りの人に批判されたとしても自分の考えを信じて進むことができます。反対に頑固になりすぎてしまうこともあるので、人の意見を柔軟に聞くように心がけています。

青山 軸がブレないことで壁にぶつかったことがあれば、その中で印象的な出来事を教えてください。

佐々木 私が所属しているゼミナールでは、グループ研究を行っています。そのグループの中で意見が割れて、最終的に自分の意見が通らなかったときに、自分の考えを変えられず苦しい思いをすることがあります。また高校生の時からファッションが好きで、さまざまな服を購入していたのですが、個性的な服が好きなため、家族や友人に理解してもらえず、ショックを受けることがあります。

青山アドバイス 緊張していたのだとは思いますが、最初の時に顔がうつむきがちだったのが気になりました。後半はしっかり目を見て話してくれましたが、部屋に入ったときから面接官に見られていることを意識し、目線には注意するようにしましょう。また、ネガティブに取られてしまう〝頑固?という言葉は避けた方が良いでしょう。固い、意思が強いなど、ネガティブに取られにくい言葉を探してみてください。加えて、ゼミの話をするのであれば、どんなゼミに属しているのかの説明も間髪入れずに話すようにしましょう。

Q2.ファッション業界に就職して、どんなことをやりたいですか?

青山 今までファッション業界に関わったことがあれば教えてください。

佐々木 昨年の夏に御社のインターンシップに参加させていただきました。グループでコーディネートを作る経験をさせていただくものでした。私はアパレルでのアルバイト経験もなく、初めてコーディネートを作ったので、販売員のイメージをつかむことができて、貴重で良い経験になりました。

青山 インターンシップに参加していただいたとのことですが、弊社の第一印象はどうでしたか?

佐々木 企業訪問が初めてでしたので、会社の雰囲気を直に感じることができ、ワクワクしました。御社の会議室やフリースペースに案内していただいたときに、綺麗な会社という印象を受けました。

青山 では、この業界でどんな風に活躍したいのかを聞かせてください。

佐々木 私はマーチャンダイジングの仕事がしたいと思っています。理由としまして、日頃からさまざまな服を見たり、着ている中で「もっとこうだったら良いのに」と思うことがよくあるからです。また、自分が関わった服を多くの人に着てもらいたいので、商品の企画や販売戦略に関わりたいと思い、マーチャンダイザーを目指しています。

青山アドバイス ファッション業界でのインターンシップの経験は、良いアピールになると思います。販売職以外の職種を希望していても、入社してから販売職を経験するキャリアルートを設けるアパレル企業も増えています。弊社も入社してから、数年販売職を経験していただいています。佐々木さんが目指すMDは物づくりのエンジン部分となる重要なポジションです。そのことを理解した上で、販売職での経験をどう活かしていずれはMDになりたいというアピールをしてもらえると具体的かなと思います。

ポールスミスやランバン、ヴィヴィアン・ウエストウッドなどメンズブランドのライセンスビジネスを展開。“着るよろこび、それ以上を”を企業理念に、長く愛着を持ってもらえるだけでなく、素敵な時間を過ごせる服を提供している。

Q3.学生時代に頑張ったことはありますか?

青山 学生時代に、自分を褒めたいぐらい頑張ったことを教えてください。

佐々木 現在、大学のゼミナールで勉強に力を注いでいることです。私が所属しているゼミナールは、ブランド戦略を勉強しているのですが、経済産業省が定めている〝前に踏み出す力?、〝考え抜く力?、〝チームで働く力?の三つの社会人基礎力を身に着けることも目標にしています。在学中にその三つのスキルを身に着けられるように努力しています。

青山アドバイス ゼミの説明もあり、どんなことに力を入れて勉強しているのかも分かりやすく伝えることができていたのではないでしょうか。

Q4.今日のファッションのポイントは?

青山 立っていただいて、全身を見せてください。今日のコーディネートのポイントを教えてください。

佐々木 私は、ファッションは黒を基調にすることが多いです。その黒の中に一点、柄であったり、色物を入れるのが自分の好きなスタイリングです。

今日は模擬面接ということで朝から緊張していたので、身が引き締まる黒と私にとって心が落ち着く色であるベージュを組み合わせました。

青山アドバイス 立った時の姿勢も良く、身だしなみもしっかりしていて、受け答えも全く問題ありませんね。自分の好きなスタイルや今日のスタイルはなぜ選んだのかなども、とてもよく説明できていました。ファッション業界に限らず、面接会場に入る前に自分の身だしなみを整えることはとても大切です。襟は浮いていないか、ベントのしつけはきちんと切ってあるかなど、直前にもチェックしておくようにしましょう。

学生の感想

初めての面接体験だったので、緊張しました。この面接に向けて色々と準備はしたのですが、実際にやってみると難しくて、なかなか思うように答えられませんでした。貴重なアドバイスをいただき、直さなければならないことや課題も見つかったので、これからの就職活動に活かしていければと思っています。貴重な機会をいただき、感謝しています。

人事担当者のチェックポイント

  • ファッション業界に限らず、どの業界でも面接官は360度、隙なく服装をチェックしています。面接会場に入る前にだらしなく見える部分はないかを確認するようにしましょう。
  • コミュニケーション力は社会人にとって大切なスキルなので、質問に対して、聞き取りやすい音量でハキハキとした声で自然な笑顔で答えているかも大事な要素として見ています。
  • グループ面談の際に、別の人の質問の時の態度もしっかり見ています。姿勢や足が揃っているかなどもチェックしていますので、面接の間は気を抜かないようにしてください。

面接前の身だしなみチェックは必須。面接官に見られることを意識して行うことが大切。

【会社名】株式会社ジョイックスコーポレーション

【事業内容】アパレル製品・雑貨用品等の企画・販売

≫≫ジョイックスコーポレーションについてのもっと詳しい情報はこちら!

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング