1分でファッションのお勉強!「莫大小」って読めます? 

  • 2017年11月25日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 104421051c39e356d3e2b2f18cf5c098

漢字3文字のこの表記。見なれない方も多いと思いますがファッション業界の用語です。 

読み方は「メリヤス」。知っていないと読めないですね。

編み物機械で編んだ布地の総称のことを言いますが、慣例的にジャージー素材、肌着や靴下などの丸編みの製品を指すことも多いですね。

ジャージー素材、肌着や靴下などの丸編みの製品を指すことが多い

15世紀ごろに欧州から日本に靴下が伝わったのですが、靴下を指すスペイン語のメディアス、ポルトガル語の「メイヤス」が変化したと言われています。

ポルトガル由来のものって多いイメージ

江戸時代から女利安、目利安など、様々な当て字が使われてきました。

現在は漢字の「莫大小」の表記が残り、○○莫大小(メリヤス)という企業も多く見られます。洋服についている品質表示タグの裏に「小野莫大小」や「中橋莫大小」などと書いてあってもこれからは読めますね。

サイズの大小を問わない生地と言われると納得

莫には「無い」という意味があります。伸縮性がありサイズの大小を問わない生地、製品という意味で、この字があてられたようです。

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング