知らないとマズイ?アパレルEC市場の“今” 市場規模は?越境ECやライブコマースにも注目

  • 2018年07月13日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 ec top

今やファッション業界を語る上で欠かせない販路となったEC。市場規模の拡大が続いており、越境ECやライブコマースなど、ターゲットや売り方も多様化してきています。

今回はファッション業界におけるECの現状や注目の事例、市場規模などを紹介します。

【目次】

  1. ECとは?ネットで物を売買すること
  2. ファッション・アパレルを販売するECサイトの代表例は?
  3. ファッション・アパレルECの市場規模とは? 
  4. 越境ECという言葉も最近よく言われますが、どんな意味?
  5. 話題のライブコマースとは?

ECとは?ネットで物を売買すること

ECとは、Eコマース(electronic commerce)と言って、インターネットで物やサービスの売買を行う電子商取引のことです。一言でECといっても、企業と消費者が取引をするBtoC(企業対消費者取引)、企業と企業によるBtoB(企業間取引)、消費者同士で売買するCtoC(消費者間取引)といったように様々な種類があります。ファッションビジネス業界では主にBtoCのことを指しますが、最近はメルカリに代表されるCtoCが成長しています。

画像はイメージです

ファッション・アパレルを販売するECサイトの代表例は?

ファッションのECでは、ゾゾタウンが知名度も売上高も頭一つ抜けており、〝ゾゾ一強〟とも言われています。多くの企業やブランドが出店する「モール型ECサイト」として圧倒的な存在感を示していますが、最近は他社もECモールに力を入れており、その勢力図が今後は少しずつ変化していく可能性もあります。

最近話題の「ゾゾスーツ」

昨年は「ららぽーと」などの商業施設を運営する三井不動産がファッションECモール「アンドモール」を開設し、実店舗とECの連携を高めようとしたことで関心を集めています。

また、今年に入ってからはストライプインターナショナルがソフトバンクと共同出資会社を設立し、ECモール「ストライプデパートメント」を立ち上げています。F2層(30代半ば~40代後半女性)向けの市場開拓を狙ったもので、若いお客の多いゾゾタウンと差別化する考えです。また「商品取扱高でファッションEC第2位を目指したい」と公言した「ロコンド」も業界の注目を集めています。

【関連記事】EC市場が成長を続けるワケは?市場規模や今後の動向にも注目

ファッション・アパレルECの市場規模とは? 

繊研新聞社が17年9月に実施した16年度ファッションEC売上高調査では、BtoCのEC市場規模は約8300億円で、EC比率(国内ファッション市場に占めるネット販売比率)は8.6%となりました。

経済産業省が今年4月に発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、17年度の国内BtoCの衣類・雑貨のEC市場規模は1兆6454億円(7.6%増)で、EC比率は11.5%と2ケタ台に突入しています。

またスマートフォンを経由したEC市場は約3兆円で、スマホ比率は35%(3.1ポイント増)にまで高まっており、ECサイトはスマホに対応した使い勝手の良い設計やサービスがより求められるようになっています。

越境ECという言葉も最近よく言われますが、どんな意味?

国境を越えてインターネットで商品やサービスを売買するのが越境ECで、日本の企業は特に中国の消費者に向けて越境ECで商品を売り込もうとする動きが目立ちます。中国のEC市場規模は日本の10倍以上ともいわれ、またインバウンド(訪日外国人)消費が活発なことが追い風となっています。

17年度に中国の消費者が日本から購入した越境EC市場は1兆2978億円(25.2%増)となり、着実に成長しています。ただし、化粧品や日用品、子供服が中心で、ファッションで成功事例はあまりありません。中国の越境ECモールは世界各国の企業が参入して商品流通量も多く、「圧倒的な知名度がないと消費者の目に触れられない」のが難点です。単に越境ECモールに出店すれば売れるといった話ではなく、商品力や中国国内でのブランディングも問われます。

話題のライブコマースとは?

SNS(交流サイト)の普及で、売り手と買い手がダイレクトにつながる時代になったことで、ライブ動画配信中に商品を購入できるライブコマースが新たなコミュニケーションの形として注目されています。中国で大人気となり、日本でも17年ごろから広がり始めました。

視聴者によく知られたインフルエンサーなどの出演者が商品を紹介し、視聴者が入力したコメントに返答をしたりするため、リアルタイムのコミュニケーションが臨場感と信頼感を高めることができるのが特徴です。実店舗の販売員が出演して商品を販売しているケースもあります。

キャンディ(東京)のライブコマース「ライブショップ!」

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング