【アパレル業界・基礎講座】 記者が解説する「デザイナーのお仕事」

  • 2018年05月22日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416 celine ss18f 159

ファッション業界で花形的な職種とされるデザイナーの仕事が、一体どんなもので、近年はどういったデザイナーが注目されているのか。ファッション業界の総合情報紙「繊研新聞」の記者が解説していきます。

【関連記事】デザイナーの仕事内容・求められる能力は? 【3分で分かるアパレル職種紹介】

ファッションデザイナーの仕事って何をするんですか?

ブランドの方針を定め、市場性を考慮しながら服をデザインします。

ただ服をデザインするだけでなく、多岐にわたる情報をインプットしなければいけない仕事です。社会や文化に対するアンテナをしっかり立てていないと、今の気分や新しいスタイルを作ることはできません。ブランドをつかさどる強い意志が必要です。

仕事の流れとしては、まず、シーズンごとに集めた情報やイメージソースをもとにポートフォリオを作ります。それをもとにデザイン画を描き、テキスタイルを買い付けて、サンプルを完成させます。ブランドは少なくとも年に2回、新作を展示会やファッションショーで発表します。

デザイナーブランドの場合、国内外ともに9月から10月末までに春夏コレクション、2月から3月末までに秋冬コレクションを発表します。大手アパレルの場合、発表はもう少し後ろ倒しに。ファストファッションの場合、実売の時期に近いタイミングでプレスに発表することもあります。

「コムデギャルソン」18~19年秋冬コレクション

デザイナーはみんな自分のブランドを持っているのですか?

デザイナーは大きく分けて二つのタイプがあります。一つは自身のブランドを運営する独立系。もう一方は企業に属するデザイナーです。

独立系のデザイナーは、資金を調達してブランドを立ち上げ、デザイナー自身が代表を務めて企業を運営することが多いです。それだけにファッションデザインの才能だけでなく、企業のあり方を形作る役割やビジネスセンスも問われます。日本では「コムデギャルソン」の川久保玲さんが代表的です。70年代に創業して以来、オーナーデザイナーとしてブランドを引っ張ってきました。

ほかにも「サカイ」の阿部千登勢さん、「トーガ」の古田泰子さん、「カラー」の阿部潤一さんがインディペンデントなデザイナーに挙げられます。洋服の歴史が100年に満たない日本では大手企業が若いデザイナーをサポートする文化はあまりありませんでしたが、数年前から独立系のデザイナーをサポートする企業が増えてきました。

海外では、ドリス・ヴァン・ノッテンが有名です。80年代にベルギー・アントワープで創業して以来、インディペンデントな立場を貫いてきました。長く成長し続けている優良企業として、ベルギー国内でも有名です。

サカイ

では、企業に属するデザイナーはどんな仕事をするのですか?

大手アパレルのブランドやセレクトショップのオリジナル商品をデザインします。

企業の方針やブランドの方向性に合わせて、MDも鑑みながらデザインします。企業の方針が最優先されることが多いです。ファストファッションの「ユニクロ」や「ザラ」にも優秀なデザイナーが雇用されています。

ラグジュアリーブランドにはクリエイティブディレクターという肩書きがありますが、それってデザイナーとどう違うんですか?

ブランドの成長戦略に基づいて、デザインだけでなく、成長につながる新たなブランドイメージを作るのがクリエイティブディレクターです。

彼らはラグジュアリーブランドを運営する大企業に雇用されています。LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの傘下ブランドは「ルイ・ヴィトン」や「ディオール」「ロエベ」など、ケリングには「グッチ」「バレンシアガ」「サンローラン」などがあります。それぞれで有力デザイナーがブランドディレクションを行っています。

近年、ブランドを大きく成長させたデザイナーといえば、1月に「セリーヌ」を退任したフィービー・ファイロが挙げられます。約10年かけて21世紀の女性像を提案し、多くのファンをつかみました。

ビジネス面もジャッジするわけではありませんが、ブランドの全てをつかさどる重要な存在です。クリエイティブディレクターによってブランドの成長率は大きく変わることも多いのです。

「セリーヌ」18年春夏コレクション。フィービー・ファイロによる最後のランウェーショーになった

最近、注目された新ディレクター就任のニュースは?

LVMHの傘下ブランドが立て続けに新しいメンズディレクターを発表して話題になりました。

「セリーヌ」に就任したエディ・スリマンはレディスに加えてメンズとオートクチュールとパルファンも担うことになり、「ルイ・ヴィトン」のメンズのアーティスティックディレクターには「オフホワイト」のヴァージル・アブロー、「ディオール・オム」には元ルイ・ヴィトンのキム・ジョーンズ、「ベルルッティ」には元ディオール・オムのクリス・ヴァン・アッシュが決まりました。

彼らの抜擢(ばってき)はメンズ強化を物語っています。ブランド戦略においてデザイナーが重要な存在であることがわかります。

「オフホワイト」のヴァージル・アブローは、「ルイ・ヴィトン」のメンズのアーティスティックディレクターに抜擢された

    関連する記事

    この記事に関連するキーワード

    イベント一覧

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング