【ファッション業界のお仕事紹介】現場で働く先輩に聞きました ミシンオペレーター編

  • 2019年08月28日更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S624x416

ファッションビジネス業界に興味のある皆さんに向けて、現場で活躍する先輩たちが、職種別に仕事の内容と魅力を紹介します。

今回はミシンオペレーター編です。

【関連記事】【ファッション業界のお仕事紹介】現場で働く先輩に聞きました パタンナー編

縫いの知識もとに店頭でお直し接客 フォルムアイ「フォルムアイ」阪急三番街店副店長

フォルムアイは洋服のリフォームやお直し、バッグの修理などを店頭で請け負っています。丈直しをはじめ、例えばお客様が知人にもらった服を成人式や結婚式用に直したり、思い入れのあるきものを日常的に楽しめる服にリメイクしたりしています。

福岡のファッション専門学校で学び、縫製をしたい気持ちは強かったです。縫製工場で働くとなると、この縫い方なら何秒でできるかという風に効率を考えるので、自分が望む方向性と少し違う気がしました。そんな時、お直しの求人を見つけ、面白そうと感じて今の仕事に就きました。

現在は接客する場面が多いですが、縫いがきちんと分からなければ、良い提案や対応はできません。初めの頃は技術を身に着けるため毎日、何度も縫う練習を重ねました。生地を傷めないように、素材に合わせた針や糸を用いるなど、知識や経験も欠かせません。

子供の頃は看護師になりたいと思っていました。今の仕事でお客様が服をどうしたいのかしっかり聞き出し、こちらからも提案しているうちに、ふと看護師の問診と似ていると気付きました。量産される服とは違い、〝問診〟しながら一人の人に服を合わせる(直す)作業なので、イメージ通りに仕上がると何とも言えない達成感を得られます。

(繊研新聞2019年2月26日付けから)

    関連する記事

    新着のお仕事最近公開されたお仕事

    話題のキーワードキーワード一覧

    月間ランキング月間アクセスランキング

    週間ランキング週間アクセスランキング